| TOP Short Novel Long Novel Review Interview Colummn Cartoon BBS Diary |


Anima Solaris
No.170,Feb.2016
毎月15日公開 [English Index]

Anima Solaris(アニマ・ソラリス)はSFとファンタジーに関する
創作・書評・インタビュー・コラム・マンガ等のコンテンツを
毎月お送りしているウェブ・マガジンです。
◆ 著者インタビュー INDEX
『何かが来た』 東野 司先生
◆ コラム
十億年のうたたね doru
◆ ブックレビュー INDEX
◆ 連載小説
シャンダイア物語(第7部 第6章) 福田 弘生

○ 編集部日記
携帯対応ページ
○ 編集後記 十億年のうたたね
○ 読者アンケート Anima Solaris BBS
○ サイトマップ 編集部日記
○ リンク ラブソングふたたび
○ご意見・ お問い合わせ
○ メールマガジン
○ 著作権について
○ 個人情報取扱指針

Google

WWW を検索 SF-FANTASY.COM を検索
 
Copyright (C) 2000-2016 sf-fantasy.com, All Rights Reserved.
メール送信の際は「個人情報取扱指針」 に目をお通しください。


Net 「Net.」 Tsutomu Higo
◆外部リンク:「21世紀、SF評論」 http://sfhyoron.seesaa.net/
◆外部リンク:「SF Prologue Wave」 http://prologuewave.com/
◆外部リンク:「日本SF作家クラブ」 http://sfwj.jp/

Contents HEADLINE Anima Solaris Digest
■著者インタビュー
『何かが来た』 東野 司先生

 新年号の著者インタビューは、《21世紀空想科学小説シリーズ》最初の配本だった東野司先生です。このシリーズの著者インタビュー最後ということで、本作の内容についてだけではなく、ジュヴナイルSFシリーズ化発案からの流れも、岩崎書店の松岡さんを交えてうかがうことができました。 >>
■コラム
『10億年のうたたね』 

 うたたねを毎日更新したいとは思いつつナマケモノの一種のため何日に一度しか更新できていないどるちゃんでございます。正月も過ぎ、とんちで有名な一休さんが残した言葉「門松は冥土の旅の一里塚めでたくもありめでたくもなし」をもっとーに毎日を過ごしております。私の目標は80歳まで邪気と笑いのあるうたたねを書いて何事もなく、心身ともに健康で、80歳になった日にコテンと逝くのが目標です。逝ってからいいおばあちゃんだったなと言われるようになりたいのは欲張りかな? そんなこんなで今年もうたたねよろしくお願いします。 >>

トップ読切短編連載長編コラム
ブックレビュー著者インタビュー連載マンガBBS編集部日記
著作権プライバシーポリシーサイトマップ