編集後記

  4月末に、前立腺肥大からの急性前立腺炎で病院で点滴と服薬。細菌によ
る炎症は収まったものの、男の宿命である前立腺肥大は治ってないので、ちと
困っております。担当医に聞くも、前立腺癌とのからみからか、投薬も無し、
次回の受診も無しという。転院するかなぁ。知り合いの先生なんだけど、そこ
は無茶苦茶混んでいるのが悩みの種です。
                     雀部陽一郎 (監修/書評子)

 緊急事態宣言が解除されましたね。
 宣言とは言っても、実体はちょっと強めの自粛要請でしかなかったのですが、
 日本人の民俗性か、それでもみんなストレスためながら自粛してきたわけで。
 そんな今日このごろ、東日本大震災とコロナ禍を過ごしてきた私たちには、
卓元編集長の『無名標』はどこか身に沁むところがあるかもしれません。
 さて、もうちょっと、あとちょっと堪えないといけないかな、っと。
                         おおむらゆう (編集)
 

 コロナは、今後多少の感染者の増減はあろうとも収束に向かっているようで
すね。今回感じたのは国とか自治体の封鎖ってけっこう出来てしまうもんだな
という事。
 実は自治体隔離の1か月半の間に各自治体ごとのサーバーに全住民の人格情
報が移植されて、緊急事態宣言解除(人類滅亡)後にコロナの無かった2019年
の夏あたりの記録を延々とループするとか、県境に行くと霧が出て眠ってしま
って作られた記憶が植え込まれるとか、実は自分の自治体だけ残っていて外部
は宇宙空間とか。
 そんなふうに情報だけで世界が構築できそうな気がしたのです。

# 我が町田サーバーには精霊がたくさんいるので外敵には負けないぞ。
               福田弘生 (Anima Solarisプロデューサー)

カテゴリー: sf-fantasy | コメントは受け付けていません。

著者インタビュー『無名標』 中条 卓先生

http://www.sf-fantasy.com/magazine/interview/200501.shtml

 「アニマ・ソラリス」初代編集長の-卓-先生が、処女作を上梓されたという
ことで、早速インタビューさせていただきました。東海村とおぼしき核施設が
プルトニウム爆発を起こして東京全土が汚染され、主人公の男性は核シェルタ
ーに引きこもるものの、何故か妊娠してという奇想天外な物語です。年代が近
いので、共感する部分も多々あり、謎解きも興味深かったです。

カテゴリー: 作品紹介 | コメントは受け付けていません。

SFファンクラブ探訪『チャチャヤング・ショートショート・マガジンの会』

http://www.sf-fantasy.com/magazine/inquiry/200501.shtml

 そもそもの始まりは、故眉村先生がパーソナリティをされていた、大阪のラ
ジオ局毎日放送で開始された「MBSチャチャヤング」という深夜放送(1970年
秋)でリスナーによる「ショートショートコーナー」が始まったのが発端とのこ
と。「チャチャヤング・ショートショート・マガジン」編集担当の大熊さんに
色々お話しをうかがうことが出来ました。

カテゴリー: 作品紹介 | コメントは受け付けていません。

連載長編小説『ようこそ大宇宙へ! 超古代の巨大宇宙船で宇宙を征く』稲葉小僧

http://www.sf-fantasy.com/magazine/novel_l/inaba/part18.shtml

 今日も今日とて潜入捜査のフロンティア一同。悪の組織に乗っ取られ、本来
の仕事もままならない状態に陥ったシスターを救うために立ち上がる。それは
銀河一周宇宙船レースに参加して、トップの賞金を獲得することだった!
 他、番外編のおまけ短編が4本あります。

カテゴリー: 作品紹介 | コメントは受け付けていません。

読切短編小説「さよなら、アルクトゥルス」 小林ひろき

http://www.sf-fantasy.com/magazine/novel_s/h_kobayashi/Goodbye_Arcturus.html

沙枝が撮った写真に偶然写っていた西の空の異常、それはブラックホールの
強大な重力場による重力レンズ効果と赤方変異の証だった。
一方、レレンの暮らす星では、来たり来るカタストロフィから逃れるため、
金持ちたちが宇宙船に乗って次々に逃げ出していた。

カテゴリー: 作品紹介 | コメントは受け付けていません。

編集後記

 全世界、引きこもり奨励中。紙の本には捨てがたい良さがあるのですが、こ
ういう状況では、出かけなくても瞬時に手に入る電子書籍もお薦めです。フォ
ントの大きさを変えられるので、特に老眼の方にもメリットがあると思います。
まあ自分のことなんですが(汗;)
                     雀部陽一郎 (監修/書評子)

 毎日気が重くなるようなニュースが続きます。
 実際のところ、SARS-CoV-2 ウィルスによる COVID-19 についての研究は結
構進んできてるみたいです。
 身を守ることが第一ですが、下手な情報に惑わされないようにすることも、
精神を磨り減らさないようにするために必要そうです。
                         おおむらゆう (編集)

 
 世界がコロナと戦う中、米国防総省がUFO映像公開。
 今更な映像なんだけど、この時期に正式にコメントした意図は何でしょうね。
そういやちょっと前に宇宙軍とか言ってたっけ。
 まずはシャドー設立だな。
 沈着冷静でストイックなストレイカー司令官に憧れたものです。
# 中尉と言ったらゲイ・エリス(ちょっと前ならリザ・ホークアイ)でOK。
               福田弘生 (Anima Solarisプロデューサー)

カテゴリー: sf-fantasy | コメントは受け付けていません。

読切短編小説「ホロ・ガール」 ヴィンセント・オーマー / 白田英雄

http://www.sf-fantasy.com/magazine/novel_s/v-ohmor/solidificated_girl.html

 あらたな一歩を踏み出したキズナアイに捧ぐ。

 彼は著名なバーチャル・プレイヤーのアラタ・カオルとともに、 人間の意識
をバーチャルな存在に飛ばす実験をしようとしていた。
 それは不思議な経歴を保つ、アラタ・カオルという存在の根源に近付くことで
もあったのだが……。

 アラタ・カオルについてもっと知りたい人は、 バーチャライズド・ガール も
読むと楽しさが倍増するかもしれません。
http://www.sf-fantasy.com/magazine/novel_s/v-ohmor/VirtualizedGirl.html

カテゴリー: 作品紹介 | コメントは受け付けていません。

読切短編小説「レイン・ハワードの外宇宙」 小林ひろき

http://sf-fantasy.com/magazine/novel_s/h_kobayashi/Outer%20space.html

 生と死が確率により重ね合わされた状態の半死人間レインは、地元警察とマ
フィアが癒着した無法地帯で、200gのヤクを持って消えたオンナの行方を追っ
ていた。光速で動く移動部屋をルーム・シャッフルすることにより、無限の部
屋数を誇るホテル・ガタロがオンナの逃亡先だ。その特殊なヤクの存在を巡り、
宇宙そのものの存亡を賭けた冒険が始まる。

カテゴリー: 作品紹介 | コメントは受け付けていません。

読切短編小説「引き伸ばされた時間」 小林ひろき

http://sf-fantasy.com/magazine/novel_s/h_kobayashi/JAMKARET.html

 34億人を乗せて土地型列車ランド・トラムが走る、新たな時亀裂の中では存
在しない都市の住民達を救うために。
 突如襲った時亀裂によって世界は変容した。世界でただ一人、逼りくる時亀
裂の前兆を目視できる運転士の平山は、今日も世界の都市間を土地型列車で結
ぶ……

カテゴリー: 作品紹介 | コメントは受け付けていません。

連載長編小説『ようこそ大宇宙へ! 超古代の巨大宇宙船で宇宙を征く』稲葉小僧

『第三章 銀河団のトラブルバスター編』

「第十七話 光の銀河へ」

http://www.sf-fantasy.com/magazine/novel_l/inaba/part17.shtml

来たぞ「M87星雲」!光のエネルギーに満ちたこの銀河には、生命体やら

文明やら、うじゃうじゃ存在しているぞ。M87銀河の縁部にある小さな星系

の惑星の砂漠になにやら不穏な動きを察知したフロンティア号一行は、大きな

トラブルの芽を摘むために現地に急行する。しかし、その砂漠の地下にはとん

でもない遺跡があったのだ……

カテゴリー: 作品紹介 | コメントは受け付けていません。