カテゴリー別アーカイブ: 作品紹介

著者インタビュー『虹霓のかたがわ』 榛見 あきる先生

http://www.sf-fantasy.com/magazine/interview/220502.shtml  コロナ禍の影響で、最終講評日が何度か変更されたゲンロンSF講座第四期。 やっと第四回ゲンロンSF新人賞受賞の榛見先生の著者インタビューが実現しま した。受賞作をはじめ最近の著作についてもうかがっています。

カテゴリー: 作品紹介 | コメントは受け付けていません。

連載長編小説 ようこそ大宇宙へ! 超古代の巨大宇宙船で宇宙を征く 稲葉小僧

http://www.sf-fantasy.com/magazine/novel_l/inaba/part39.shtml  とある惑星へとやってきた合体型宇宙母艦。それに乗船しているのは凶悪宇 宙人たちと闘う家族だった。しかし、その惑星でも凶悪宇宙人達が送り込んで きた生体+機械の融合怪獣と死闘を繰り広げる羽目になろうとは……。 —–著者より  えーと・・・題名及び、読んで頂くと分かるんですが、ネタ元は「無敵超人 ザンボット3」と「無敵鋼人ダイターン3」です。 あれやこれや、悲惨極まりないような戦争ネタ(人間爆弾とか)を取り去って、 純粋に侵略者と防衛側との戦いにしてみました。 ちなみに、超銀河団を渡るって話は、あと2話ほど後になります。

カテゴリー: 作品紹介 | コメントは受け付けていません。

読切短編小説「爆ぜた9つの断片」 小林ひろき

http://sf-fantasy.com/magazine/novel_s/h_kobayashi/Nine_pieces_that_exploded.html  物語る力によって世界が形作られる宇宙。その宇宙の物語を語る者を語る のは誰なのか。そして新たな物語が語られることを規制する存在と物語る機 械の狭間で起きるエピソードとは……。

カテゴリー: 作品紹介 | コメントは受け付けていません。

著者インタビュー『幻想とクトゥルフの雫』 杉村 修先生

http://www.sf-fantasy.com/magazine/interview/220501.shtml  当サイトに「流れる季節と優しい時間」と「僕と君の左右世界」の二作品を 投稿して頂いている杉村先生が、クトゥルフ関連のご本を出されたと言うこと で、インタビューさせて頂きました。デビュー作から近刊予定までうかがうこ とが出来ました。

カテゴリー: 作品紹介 | コメントは受け付けていません。

連載長編小説 ようこそ大宇宙へ! 超古代の巨大宇宙船で宇宙を征く

http://www.sf-fantasy.com/magazine/novel_l/inaba/part38.shtml  とある星系のとある惑星で今まさに自殺せんとするふつ~の若者を助けた楠 見クルー。なぜ今回は特殊能力の無い一般人に白羽の矢が立ったのか?

カテゴリー: 作品紹介 | コメントは受け付けていません。

読切短編小説 SFの小箱(2)重力制御 小林ひろき

http://sf-fantasy.com/magazine/novel_s/h_kobayashi/small_box_2.html  重力制御で重力波を波乗りする先生の元で学んだ弟子。魔術師とも呼ばれ たその弟子を、ブラックホールの合体で生じた大規模重力波の影響による時 空の歪みが襲う。先生は何処?

カテゴリー: 作品紹介 | コメントは受け付けていません。

著者インタビュー『90分でブラックホールがわかる本』 福江 淳先生

http://www.sf-fantasy.com/magazine/interview/220301.shtml  相対性理論をわかりたいとか、ブラックホールのことをもっと知りたい文系 読者に読んで貰いたい!そんな編集者の願いに福江先生が応えられた本書につ いて、福江先生をはじめ、福江先生の教え子でもある天文博物館の粟野先生、 担当編集者の長谷部さんを交えて、面白い座談会となりました。

カテゴリー: 作品紹介 | コメントは受け付けていません。

連載長編小説ようこそ大宇宙へ! 超古代の巨大宇宙船で宇宙を征く

http://www.sf-fantasy.com/magazine/novel_l/inaba/part37.shtml  銀河間宙域でガルガンチュアはフロンティア部の拡大増設・増強作業中……  そして明かされるシリコン生命体が製造した巨大宇宙船群の行方と謎の数々、 先史種族と楠見キャプテンと郷の繋がりとは?

カテゴリー: 作品紹介 | コメントは受け付けていません。

読切短編小説 SFの小箱(1)テラフォーミング 小林ひろき

http://sf-fantasy.com/magazine/novel_s/h_kobayashi/small_box_1.html  科学の発達の光と影。火星テラフォーミング黎明期に起きた、悲喜交々な史 実と先達のエピソードが語られます。

カテゴリー: 作品紹介 | コメントは受け付けていません。

読切短編小説 この国の空を飛ぶことは 糸井翼

http://www.sf-fantasy.com/magazine/novel_s/itoi-tsubasa/To_Fly_the_sky_over_this_land_is.html  初登場、糸井翼先生の作品。現代社会の中の魔法のあり方を切り取った、ち ょっと苦目のショートショートです。

カテゴリー: 作品紹介 | コメントは受け付けていません。