カテゴリー別アーカイブ: 作品紹介

著者インタビュー『約束の果て 黒と紫の国』 高丘 哲次先生

http://www.sf-fantasy.com/magazine/interview/200801.shtml  ゲンロンSF創作講座2期生で、「日本ファンタジーノベル大賞2019」を受賞 された高丘哲次先生。大好きだと言われる、第一回日本ファンタジーノベル大 賞の『後宮小説』と受賞作『約束の果て 黒と紫の国』の秘められた関係とか 隠された秘密、創作上のご苦労等々についておうかがいすることが出来ました。

カテゴリー: 作品紹介 | コメントは受け付けていません。

連載長編小説『ようこそ大宇宙へ! 超古代の巨大宇宙船で宇宙を征く』稲葉小僧

http://www.sf-fantasy.com/magazine/novel_l/inaba/part21.shtml  今こそ明かされる銀河間駆動方法(跳躍航法)と銀河団間駆動方法(超空間球航 法)(笑)。銀河系から遙か遠くの惑星系。そこには、むかし~の地球と同じく、 ことあらば戦争といがみあいに明け暮れる知的生命体が繁殖していた。  あまりにかつての人類文明に似ていたため、仏心を出した楠見キャプテンは、 大がかりな文明更正プログラムに取り組む。なんとその第一弾は、国際救助隊 設立だった!?

カテゴリー: 作品紹介 | コメントは受け付けていません。

読切短編小説「ぼくたちは蝶の夢をみる」 小林ひろき

http://sf-fantasy.com/magazine/novel_s/h_kobayashi/We_dream_of_butterflies.html  スナイパーとして生まれ、スナイパーとして死ぬ。七九番もそのはずだった。 しかし、「先生」がそれを変えた。有機体とメカのハイブッリッドである七九 番を含むシリーズのハイブリッドたちは、実のところ意識全体を共有していた。 そして、宇宙にも進出したハイブリッドに存在の高みは訪れるのだろうか……。

カテゴリー: 作品紹介 | コメントは受け付けていません。

著者インタビュー『江戸城御掃除之者!』他 平谷 美樹先生

http://www.sf-fantasy.com/magazine/interview/200701.shtml  2017年、“怒濤の連続刊行!”企画と称して各社の文庫本の帯で『江戸城御 掃除之者!』『鉄の王 流星の小柄』『草紙屋薬楽堂ふしぎ始末 絆の煙草入 れ』『でんでら国(上・下)』の刊行を知らせるという“四社合同企画開催”が 行われた平谷先生に色々おうかがいしました。

カテゴリー: 作品紹介 | コメントは受け付けていません。

著者インタビュー「推しの三原則」 進藤 尚典先生

http://www.sf-fantasy.com/magazine/interview/200702.shtml  未来のアイドルとヲタクの驚きの関係をビビッドに描いた「推しの三原則」 で、第3回ゲンロンSF新人賞大森望賞を受賞された進藤尚典先生にお話しをうか がいました。なんと理想のヲタクはAIだった!

カテゴリー: 作品紹介 | コメントは受け付けていません。

連載長編小説『ようこそ大宇宙へ! 超古代の巨大宇宙船で宇宙を征く』 稲葉小僧

http://www.sf-fantasy.com/magazine/novel_l/inaba/part20.shtml 今回は、楠見が地球に一時帰省した時のエピソードと、おまけ短編の楠見の 子孫の苦労話「楠見に続く者たちの悩み」。もう一つ、もし楠見が木星の海で フロンティア号と出逢わなかったら?のお話し。

カテゴリー: 作品紹介 | コメントは受け付けていません。

読切短編小説「あなたに帰ってきて欲しい」 小林ひろき

http://www.sf-fantasy.com/magazine/novel_s/h_kobayashi/I_want_you_to_come_back.html AIやロボットたちの看護が主流になった未来の病院。事故のために、五歳ま での記憶しか無いアリスは、重い記憶障害と精神的な不調で、この精神病院に やってきた。病院のAIアシスタントたるコバルトは、己のありったけのリソー スをアリスのために割いて彼女の回復に役立とうとするのだが……

カテゴリー: 作品紹介 | コメントは受け付けていません。

ブックレビュー『シン・ゴジラ』

http://www.sf-fantasy.com/magazine/bookreview/200601.shtml  日本政府・国会は、新型コロナに対応するのと新ゴジラに対応するのだと、 どちらを選ぶのだろうか(笑)「アニマ・ソラリス」ではお馴染みの濃いSFフ ァンである栄村さんに『シン・ゴジラ』についてあれこれうかがってみました。

カテゴリー: 作品紹介 | コメントは受け付けていません。

連載長編小説『ようこそ大宇宙へ! 超古代の巨大宇宙船で宇宙を征く』稲葉小僧

http://www.sf-fantasy.com/magazine/novel_l/inaba/part19.shtml  な、なんと今回は趣向を変えてフロンティアと同族の巨大宇宙船との回向の 一幕。ご用とお急ぎで無い方は、ずず~んと前によってご覧じろ~(笑)

カテゴリー: 作品紹介 | コメントは受け付けていません。

読切短編小説「ネムリカミ」 小林ひろき

http://www.sf-fantasy.com/magazine/novel_s/h_kobayashi/sleeping_god.html  小林ひろきさんが放つ神と神殺しのサーガ。  やがて人間は滅び、ヒトの時代、C・C(反抗暦)が始まった。

カテゴリー: 作品紹介 | コメントは受け付けていません。