平谷美樹著《貸し物屋お庸》シリーズ関連本

『貸し物屋お庸 謎解き帖 桜と長持』平谷美樹著、丹地陽子装画 2022.5.15、だいわ文庫(大和書房)、858円、(Kindle版)815円 江戸っ子の暮らしを支えるレンタルショップをめぐる悲喜交々を描く
収録作:
「桜と長持」同業者から貸した長持が湿っていて変なことに使われたのではとの相談が
「遠眼鏡の向こう」鳥を見るからと遠眼鏡を借りに来た呉服屋の若旦那。いやな感じがするのだが
「小猿の面」座興に使うからと猿の面を借りに来た番頭。延長もあるということは?
「つぐらの損料」赤子の寝床としてもつかわれる藁製のつぐら。捨て子を救おうと蔭間の面々は
「ちびた下駄」芝居に使うからと歯がすり減った下駄を借りにきた自称旅芸人。調べてみると……
「大歳の客」橋の袂にいた少女から湊屋で膳を借りて息子を訪ねろと言われてやってきた老人は……


◆人物紹介◆
【お庸】「無い物はない」と評判の江戸で一、二を争 う貸し物屋・湊 屋両国出店店主。口は悪いが気風のよさと心根の優しさ、行動力で多くの味方を得、持ち前の機知でお客にまつわる難事や謎を見抜いて解決する美形の江戸娘。
【幸太郎】庸の弟。両親の死後、数寄屋大工の名棟梁だった仁座右衛門の後見を得て大工の修業に励んでいる。
【りょう】生まれず亡くなった庸の姉。童女姿の霊となって庸の実家に棲み、家神になるための修行をしている。
【湊屋清五郎】浅草新鳥越町に店を構える貸し物屋・湊屋本店の若き主。「三倉の苗字と帯刀を許されており、初代が将軍の御落胤であったという噂もある。
【松之助】湊屋本店の手代。湊屋で十年以上働いており、両国出店に手伝いに来ることも多い。
【半蔵】清五郎の手下。浪人風、四十絡みの男。
【瑞雲】浅草藪之内の東方寺住職。物の怪を払う力を持つ。
【熊野五郎左衛門】北町奉行所同心。三十路を過ぎた独り者。庸からは「熊五郎」と呼ばれている。


『貸し物屋お庸 江戸娘、店主となる』平谷美樹著、げみ装画
2015.1.10、招き猫文庫(白泉社)、690円
収録作:(元禄時代の江戸が舞台。お庸は、賊が押し入る前に清五郎と出会い、一目惚れしている)
「一難去って」大工の娘・庸は“棟梁のお嬢さん”だが自分を「おいら」と呼ぶほどの男勝り。不自由ない生活を送っていたが、ある夜、家に賊が押し入り両親を殺害されたことで生活が一変した。
「初仕事」回転前日のバタバタしているときに、中間が、お殿様が飾る雛人形をとやってくる。
「桜の茅屋」どこかの店の番頭風の男が、古びた笊を借りに来た。
「盂蘭盆会」藪入り前、お庸の家にお化けが出て悪戯をするという。 


『貸し物屋お庸 娘店主、奔走する』平谷美樹著、げみ装画
2015.5.10、招き猫文庫(白泉社)、640円
収録作:
「紙三味線」大店の若旦那が借りに来た三味線の銘器を巡る大騒動。
「からくり箪笥」大工が引き取ってくれと持ち込んできたタンスには仕掛けがあった。
「俎の下」畳ほどもある大きなまな板を借りに来た男が。
「貸し母」幼い頃に自分を捨てた母親の代わりを貸して欲しいという依頼が。


『貸し物屋お庸 娘店主、捕物に出張る』平谷美樹著、げみ装画
2016.1.10、招き猫文庫(白泉社)、690円
「行李」行李を借りにきた侍の態度を不審に思い、持ち前の好奇心とおせっかいで世話を焼く。その後陸奥国神坂家との因縁が……
「拐かし」知り合いの大工の息子が誘拐されたと聞き、知恵を働かせて解決に走る


『貸し物屋お庸 娘店主、想いを秘める』平谷美樹著、げみ装画
2016.9.10、招き猫文庫(白泉社)、640円
「萱草の花をあしらった簪」を借りにきた美しい女―本店の主、清五郎となにやら関係を持つ女らしい。お庸が疼く気持ちを抑えながらも、機知を働かせ要望に応えようと奮闘する「萱草の簪」。手代の松之助に忍び寄る影、隠された過去がお庸を巻き込む「秋時雨の矢立」など


『霊は語りかける 実録怪談集』平谷美樹・岡本美月共著
2022.6.18、ハルキ文庫・Kindle版、597円、(2012.7.18発行の第一刷を底本とした電子版)
ある峠で起きた恐怖の出来事、船旅での怪事件、古いマンションに棲みついていた見えないモノ、どこかで聞こえる不思議な足音……「百物語」を上梓してきた著者のもとに集まってきた、奇妙で恐ろしい話の数々。全三十三篇を収録した、新たなる怪談集
東日本大震災に関連した話や釣り人の話が多数収録されています。UFOの話もあります。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

久永実木彦先生著者インタビュー関連本


『七十四秒の旋律と孤独』久永実木彦著、最上さちこ装画
2020.12.25、東京創元社、1800円、1710円(Kindle版)
収録作:
「七十四秒の旋律と孤独」
以下《マ・フ クロニクル》シリーズ
「一万年の午後」
「口風琴」
「恵まれ号 Ⅰ」
「恵まれ号 Ⅱ」
「巡礼の終わりに」


「七十四秒の旋律と孤独」久永実木彦著、加藤直之イラスト
第8回創元SF短編賞受賞作
2017.7.28、東京創元社、kindle版、198円



『ウカイロ9「THE END IS THE BEGINNING IS THE END」』
2019.8.11、スミダカズキ、2000円
収録作:
菅野ぽんた「illustration」、おがわさとし「It is no use crying over spilt softcream.」、樋口恭介「円柱」、牧野修「ウロボロス的言葉尻尻取り法」、理山貞一「ノーモア・ノーマンズランド」、okama「かっこいい人」(2号より再録)、司淳「司淳のスキスキ大好き」(1号より再録)、さくらい「イエス、マイロード」、
久永実木彦「帳尻が合う」
YOUCHAN「クルトさん」、栗原ちひろ「ハッピーエンドは間に合った」、西崎憲一「ことわざ戦争」、青木俊直「pass」、飛 浩隆「洋服2」、吉田隆一「物語に都合なんてあるものか『リズと青い鳥』についての結論なき所感」 、茂十郎「聞かぬが仏 言わぬは、」、阿部洋一「兆し」、秋永真琴「MI ~古本屋の少女~」、葉野宗介「真実のかくれんぼ」、日高トモキチ「クリストファーロビンの破壊と創造」、田中啓文「ねずみ盗人」、U10「illustration」、田中哲弥「シアトル」、岡崎二郎「私は如何にして心配するのを止めてパソコンを愛するようになったか」、ミヤザワタケシ「晩餐」、北野勇作「オリンピック防衛隊 第零話【生きる?】」、ナンバタカヒロ「一つのメルヘン」、しま「One and Enough」



『時を歩く 書き下ろし時間SFアンソロジー』東京創元社編集部編、瀬戸羽方装画
2019.10.31、株式会社東京創元社、Kindle 版、855円
収録作:
「未来への脱獄」松崎有理
「終景累ヶ辻」空木春宵
「時は矢のように」八島游舷
「ABC巡礼」石川宗生
「ぴぴぴ・ぴっぴぴ」久永実木彦
「ゴーストキャンディカテゴリー」高島雄哉
「Too Short Notice」門田充宏


『SCI-FIRE 2021』特集:アルコール
【目次】
★ゲンロンSF新人賞正賞 全作家の書下し
高木ケイ「進化し損ねた猿たち」
天沢時生「ナキオ」
琴柱遥「悪魔から盗んだ女」
榛見あきる「大学六年生。密造酒、泥酔オセロ、」
田場狩「酩酊」
河野咲子「みそかごとめく」
★謎のマイクロノベル「食パン小説」
食パンにかな文字をスタンプする―― 雑誌『小学一年生』ふろく「ドラえもんアンキパンメーカー」で、食パンが小説になった!?
北野勇作・飛浩隆・久永実木彦
★書き下ろしアルコール小説・酩酊編
佐川恭一「職、絶ゆ」、今野明広「恋愛レボリューション12」
★書き下ろしアルコール小説・酒怪編
久永実木彦「ガラス人間の恐怖」
吉羽善「或ルチュパカブラ」、藍銅ツバメ「蛇酒なんて置いてかないで」
★書き下ろしアルコール小説・無重力
谷田貝和男「星を飲んだ話」、中野伶理「金魚酒」、揚羽はな「Pity is akin to Love」
★書き下ろしアルコール小説・禁酒法
進藤尚典「お酒かな」、常森裕介「酔いどれ探偵vs泥酔した容疑者たちvsアルコール検知器」、遠野よあけ「しゅ」
★書き下ろしアルコール小説・壺中天
井上宮「魔法博士と弟子」、稲田一声「掌の怨念」、名倉編「酒売りの少女(ディオニュソス・ガール)」、櫻木みわ「ジョッキー」
★高丘哲次「実録ゴッドガンレディオ VS. サイファイア抗争史」
遠野よあけ「ぼくがダールグレンラジオで果たしたこと」



『10文字ホラー 1』氏田雄介編
2021.9.1、星海社 e-FICTIONS、Kindle版、1416円
Twitterで話題沸騰の10文字ホラーが待望の書籍化!
たちまち集まった10万作から精選した極上ホラーアンソロジー第一弾。
「無口で冷たい君が好き」久永実木彦



『2084年のSF』日本SF作家クラブ編
2022.5.25、ハヤカワ文庫JA、Kindle版、1188円
収録作品:
池澤春菜「まえがき」
【仮想】
福田和代「タイスケヒトリソラノナカ」、青木和「Alisa」、三方行成「自分の墓で泣いてください」
【社会】
逢坂冬馬「目覚めよ、眠れ」
久永実木彦「男性撤廃」
空木春宵「R__ R__」
【認知】
門田充宏「情動の棺」、麦原遼「カーテン」、竹田人造「見守りカメラ is watching you」、安野貴博「フリーフォール」
【環境】
櫻木みわ「春、マザーレイクで」、揚羽はな「The Plastic World」、池澤春菜「祖母の揺籠」
【記憶】
粕谷知世「黄金のさくらんぼ」、十三不塔「至聖所」、坂永雄一「移動遊園地の幽霊たち」、斜線堂有紀「BTTF葬送」
【宇宙】
高野史緒「未来への言葉」、吉田親司「上弦の中獄」、人間六度「星の恋バナ」
【火星】
草野原々「かえるのからだのかたち」、春暮康一「混沌を掻き回す」、倉田タカシ「火星のザッカーバーグ」
榎木洋子「SF大賞の夜」



「小説すばる」2021年4月号、873円
【コラム】
「私的偉人伝」久永実木彦


【第1回】「読んで実木彦」(ゲスト:アマサワトキオ先生)
https://www.youtube.com/watch?v=QRv2Y7UQz
一番新しいのは【第18回】

note 久永実木彦 「宇宙の果てのソファ」
https://note.com/10tombs/

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

杉村修先生著者インタビュー関連(年代順)


『注文の多いカウンセラー』杉村修著
2016.12.16、北の杜編集工房、556円
宮沢賢治のような童話作家になりたかった引きこもりの主人公の成長譚。佐藤司、27 歳の前に突然可憐な美少女が現れた。彼女は「ひきこもりカウンセラー」を名乗り、司にあれこれと注文をつけ始める。彼女の注文に嫌々ながらも応じていくうちに、司の生活に変化が訪れていく。



『イーハトーブの風の音に』杉村修著
2028.4.10、北の杜編集工房、556円
収録作:
「坂口書店」童話作家を目指す若き書店の店主と彼をめぐる二人の少女のお話。
「僕は知らない」ある国からやってきたハーフの少女と出会った少年の学校生活と『星の王子さま』。
「イーハトーブの風の音に」イーハトーブ行きの列車で不思議な出来事に苦悩する青年の姿を描く。



『神話世界のプロローグ』杉村修著、ノブメイラスト
2019.3.13、マイナビ出版、Kindle版、550円
これは神話世界、『最後』で『最初』の物語……。
堕天使として地上へと下ったルシフェル=式部蓮の任務は、神に逆らった「落」を狩ることだった。
VRヘッドセット型の宝具を携え、リリスやベルゼブルと共に世界の敵アイオーンと戦い続ける。
「さあ、始めよう」
蓮が勢いよく剣を振ると、大気がはじけた。



『Jigsaw』岩手文芸サークル「一本桜の会」同人誌
2019.6.11、(有)ツーワンライフ、1000円
収録作:
「始まりは雪のように」杉村修
「心臓の寝坊」藍沢篠
「シンガー」今和立
「はじまりの壁ー坂本麗介」琴葉
「レンタル後輩」下ヶ谷ひろし


『始まりのフェルメイユ』杉村修著、岩村月子イラスト
2020.8.7、ボイジャープレス、Kindle版、275円
人間とアンドロイドの戦争が終わり、気の遠くなるほどの時間が経った世界。
カメラマンのドレ・リクサーはフェルメイユ行きの汽車に乗り、千年の旅を続けてきた。
戦争を終わらせた街『フェルメイユ』まであと少し。
ドレは人間とは何かアンドロイドとは何かについて考える。
しかし、そんな考えを揺するような事件が幾度となく彼に襲いかかる。




『雫町ジュークボックス』杉村修著
2020.20.1、ツーワンライフ出版、450円
収録作:「ベッドタウン」SF-天才研究者と彼女の作ったアンドロイド
「雫町ジュークボックス」プロローグ
「過去日記」恋愛-“想い”を過去に飛ばす過去日記
「始まりは雪のように」青春-想うひと、想われるひと
「水龍伝説」ライトミステリー先輩とめぐる水龍伝説の地
「色づく人生をもう一度」現代ドラマ-受賞後ぱっとしない僕の元にやってきた天使(笑)
「僕の星、どうだろう」SF童話-突然壊された自分の星を後にして僕は星廻りの旅に出る
「じゃがたくら伝説」民話・原文のまま-食い意地が張ったため大蛇になった男
「雫町ジュークボックス」エピローグ



『あの綺麗な花のように~震災~』杉村修著、おさかべ翻訳
2022.2.4、ボイジャープレス、Kindle版、275円
日本語・英語版
未来へと向かう列車に乗る僕とカンパネラ。よそに移ることを余儀なくされた人々が再び集う所。そこにも日は昇り、花は咲くだろう。




『幻想とクトゥルフの雫』杉村修著
2022.3.5、ツーワンライフ出版、500円
「クトゥルフ」震災と神話と
「黒雪」真っ白ではなく、黒い雪
「障がい者が障がい者として生きられる町」住民の1/3が障がい者の街
「あの時みた雪の輝き」テケリ・リ。テケリ・リ。降り積もる雪と幻想カメラ
「私は見ている」永く人々を見守る存在があった。
「春夏秋冬」暑いし寒いし、春はどこへいった。
「とある国で」オーストラリアでは何でもデカい
「そして僕はあの星になった」突然ロケットのように飛び出した六畳間
「ロスト・ブルースフィア」地球に付いたカビ、人類が受けている試練の果て。
「アマノガワ」天の川から生まれた石は「意志」だった。
「特別な体」筋ジストロフィーの僕が学校に通う方法
「今日は特別な日だ」ボイスレコーダーに入っていた謎の声の秘密
「死ぬ火星」マイクロチップを埋め込まれた選ばれた火星の天才児たちと、「星」を見つけ出す任務



『詩集「いわて震災詩歌2017』平成29年2月刊、いわてアートサポートセンター発行
優秀作6作、入選作14作掲載。入選作に上記「一本桜の会」の藍沢篠さんのお名前があります。
個人的には、優秀作の「野あざみの花が咲いていた」が一番好き。



『いわて震災小説2020』令和2年2月刊、いわてアートサポートセンター発行
最優秀賞「片寄波」(本堂裕美子)、優秀賞4作、入選9作、佳作4作掲載
入選に「一本桜の会」の藍沢篠さんの名前と杉村修さんの名前があります。



「いわて震災児童文学2022」令和4年2月刊、いわてアートサポートセンター発行
最優秀賞「ぼくの修学旅行」(神久保敬里)、優秀賞4作、入選4作掲載



『SFG 2020 Vol.03』特集:アジア
インタビュー SFの流儀:小川哲
特集インタビュー・中国のサイバーパンクSF『荒潮』作者・陳楸帆
特集インタビュー・日本における中華圏SF普及の立役者・立原透耶
『バベルの子ら』ピーター・トライアス
『南方蜃気楼水族館』唐澄暐
『常夜の国』坂崎かおる
杉村修氏は、「アジアSFカタログ」等でSF本の紹介を担当されてます。

カテゴリー: 著者インタビュー関連書籍 | コメントは受け付けていません。

 『夏の丘 ロケットの空』岡本俊弥著


『夏の丘 ロケットの空』岡本俊弥著
表紙: Photo: iStock by Getty Images/ Deklofenak
2022.3.28、スモールベアプレス、Kindle版、380円
収録作:
「子どもの時間」「銀色の魚」「空襲」「ネームレス」「パラドクス」「ソーシャルネットワーク」
「インターセクション」「さまよえる都」「スクライブ」「夏の丘ロケットの空」
以下、ネタバレを含む理系ネタをくだくだと書いてますので苦手な方はパスして下さい(汗;)
あと、粗筋等はあまり書いてません。あくまで読了後の感想と独断と偏見の解説に特化してます。岡本先生とは歳が近いしSFファンということでの共通体験もあるので、それによって想起される思い出話が多いです。すみません(汗;)
岡本俊弥先生著者インタビュー、前編はこちら後編はこちら


「子どもの時間」
最近地元でロケハン(二回見に行きました。遠くから(笑))した映画『とんび』が話題になってますが、原作者の重松清先生は岡山県出身。重松先生の話題作でドラマ化された作品に『流星ワゴン』というタイムスリップ物があります。「子どもの時間」は、テイストとしては似ているのですけれど、最新の時空理論(量子力学も)が併記されることによって、一挙にSF的様相を呈してきます。その意味では、エントロピーとは関係ないけれど、岡本版の「宇宙の熱死」(パミラ・ゾリーン)とも言えると思います。
時間と空間の関係については、橋元先生からも“誤解を恐れずに言えば、時間が虚数になるということは、基本的には時間が空間に変わると言うことである”とうかがっているので納得できるところではありました。
しかし、岡本先生が書かれているストーリーの裏には、文化人類学者の野村直樹先生の提唱されている、マクタガードの時間系列を敷衍したE系列時間があるのではないでしょうか。なぜかというと、物理的な時間がどうであれ、社会的動物である人間には、他者との関わりのある生きた時間こそが必要だと思うからです。(例えるならオーケストラの演奏会において、指揮者と演奏者と聴衆のそれぞれ時間、参加者全員に共通する客観的時間、共通の楽譜、演奏者・聴衆・楽器・まわりの空気まで調和し、同調した生きた時間がある)



作中では、時間とは絶対的な物ではないことが例を挙げて説明されてますが、実は空間の方が絶対的ではないという説もあるわけです。そもそも総てが、光速度は一定で何者も光速を超えることが出来ないという大前提から導きだされているのは、ご存じの通り。
有名な「E=mc^2」という公式は、エネルギーがジュール、質量がkg、光速度がkm/sと様々な単位が一つの式に詰め込まれたもので、こんな式を書くと小学校の先生には怒られます(笑)
この式から導き出されたものがミンコフスキー空間(相対論的空間)というもので、実際には三次元ですが便宜上左のような二次元の図として書くことも出来ます(図は橋元淳一郎先生の著書より引用)
図中の「非因果領域」というのは、光速度を超える世界線が含まれる領域です。人類には知覚できない領域ですね。←「あの世」?



左の図が意味しているところは、光の時間線の長さが”0″になるとしたら、時間か空間かどちらかが「虚数」にならないといけないことを現しています(図は橋元淳一郎先生の著書より引用)
どちらを虚数として扱っても良いということですけど、詳しくは橋元淳一郎先生の著者インタビューを参照して下さい。
そういう意味では、カントが『純粋理性批判』で“時間と空間は感性による直感(ア・プリオリ)に過ぎない”としたのはさすがですね。
本文中に出てくる「ループ量子重力理論」はここが上手くまとめられていると思います。
上記、「E系列の時間」に関してはここから。


「銀色の魚」
ある日突然全人類が失読失書になってしまう。いかに現代文明が文字(記号も含む)に依存しているかが、これでもかという具体例と共に描かれます。文字が失われた世界で口承によって知識を伝えようとするくだりは、「華氏451度」を彷彿とさせますが、さらに深刻な事態ですね。蔵書を誇るSFファンなんかは、もう死にたくなるでしょう←私もですが(汗;)

「空襲」
ある日、旧式(第二次世界大戦当時)の爆撃機が日本上空に現れ市街地を爆撃する事件が勃発する。どうもそれは大戦当時に海軍が採用していた九十六式陸攻ではないかと判明する。
岡本先生の「二〇三八年から来た兵士」は、言ってみれば未来に復讐される話でしたが、こちらは過去に復讐される話と言えます。残留思念のなせるワザだとしたら怖い。
爆撃機はそれほどでもないですが、戦闘機は小学生時代に読んでいた少年誌によく特集されてました。零戦、隼、マイナーどころでは鍾馗・桜花とか。もちろん米国機とか欧州機も。マンガ「紫電改のタカ」とかやたら格好良かった。零戦は今でも描ける。上空の零戦を見上げたアングルが好き(笑)

「ネームレス」
“日本空飛ぶ円盤研究会”の集まりを皮切りに、様々なSF関係の会合や大阪万博のパーティーの写真にまで写る一人の女性。誰ともわからないその謎の女性は、歳もとらないようだった。コンベンションとか例会の熱気は、参加した者にしか分かち合えないというのはよく分かります。もう一つの短編「インターセクション」を読んだ時にも強く感じたのですが、その頃の仲間の記憶はいったん失われてしまうと永久に不明になってしまいます。その昔「日経MIX」という商用BBSに参加していて途中からsf会議の議長役を引き継いだのですが、そのオフミでメンバーのgakio_01(なかじまたかお)さんとタクシーが一緒になりました。車中の会話が小松左京論から高橋和巳に飛び、なぜかゲーデルの「不完全性定理」の話になりました。この時からgakio_01さんは、私の中では「ゲーデルを語る銀行員」として印象づけられたのです。しかし独居生活で闘病中だった彼は、昨年故人となってしまいました。ゲーデルを語る銀行員だったことを知る人間は私ひとりになったかも知れません。
それと、関西・関東の老舗ファンクラブの会員のかたにインタビューさせてもらう機会があったのですが、創立当時のことは詳しく覚えてないとか。他の古株の会員の方に聞いて頂いてもやはり同じで、この短編を読んでいて切なくなってしまいました(私自身は学生時代のファン活動は皆無なのですが)

「パラドクス」
タキオンによる未来からの通信というと『タイムスケープ』(グレゴリイ・ベンフォード)がありましたが、困るのは情報の質を確認しようが無いと言うこと。本当に未来からの通信かどうかもわからないし。本文中にもそれらしき言及がありますが、その時点で最善と思われることをやるしかないですねえ(汗;)

「ソーシャルネットワーク」
岡本先生による大阪的SNS考察(笑) 金星人とか火星人が出てくるというと『美しい星』(三島由紀夫)がありますが、シュールでなおかつ世俗的なところは「宇宙パトロール・シゲマ」(大友克洋)を思いおこさせます。違うのはリアルではなくてネットから得られる情報だけというところ。岡本先生の持ち味が良く出ていて、ちょっと不気味でもあります。

「インターセクション」
“INTERSECTION”というと、我々の世代では真っ先に『アインシュタイン交点』(サミュエル・R・ディレイニー)を思い出します。題名の意味としては「アインシュタイン曲線とゲーデル曲線の交わる一点」と作中で説明されています。そして「その二つの曲線が交差したとき、人類は既知の宇宙の限界まで行き着くことができるようになった。」とあります。まあ、ちんぷんかんぷんだとは思います、私もですが(笑)
「ボルツマン・インターセクション」は、先年急逝した盟友高木淳さんの『アインシュタイン交点』に対する回答といった意味合いの作品です。なぜ「交点」にこだわるかというと、「流れついたガラス」という短編を書かれた岡本先生が、「インターセクション」という題名で無関係な話を書くわけがないと思ったからです(汗;)
クレハ、クサト、クトニ、クニカの名前に「ク=苦」が付いているのも象徴的ですし、四人の人生が重なる時、人生の様は異なれど“変わらない「いま」は続いていき、「いま」の中で生活を送っていくのだ。”との共通認識の元に溶けていくラストはビターな諦観が見てとれます。

「さまよえる都」
「銀色の魚」は、人間が文字を失った後の世界を描いてましたが、こちらはヒトならざるものが言語を獲得したその後を描いてます。人間の使う言語とか文字も“神”が実験のために付与したプログラムだとしたら、我々の歴史とか人生に対する認識に変化は出るのでしょうか。

「スクライブ」
言葉遊びというか筒井康隆先生ばりの実験小説。各要素を取り出せば意味がある文章になるかと思いサッカー関連のところだけ抜き出してみたが、さっぱりわからない(汗;)目茶苦茶に見えて、ひょっとして何か意味があるのではないかと思わせる絶妙のずらし具合が凄い。

「夏の丘 ロケットの空」
題名からしてブラッドベリの「ロケットの夏」(『火星年代記』の第一章)を連想。小学校の頃、ディーラーがスバル360に乗ってきて、買ってくれないかと。うちはだれも免許を持ってなかったんですけど(笑)新しいメカに対する憧れはその時から生じたような気がします。排気ガスとガソリンの臭いもわりと好きだった。
宇宙とロケットに憧れるひとりの少女の成長譚。辛いことも悲しいことも起こるが少女の気持ちが途切れることは無い。これは、岡本先生のSFに対する気持ちと同じなのではないか。実は私も同じ想いを抱いているのですが。→若干恥ずかしくないことも無い(汗;)

カテゴリー: 著者インタビュー関連書籍 | コメントは受け付けていません。

榛見あきる先生著者インタビュー関連資料

『虹霓のかたがわ』
『虹霓のかたがわ』榛見あきる著、蔵西装画
2022.1.15、株式会社ゲンロン、Kindle版、440円
第4回ゲンロンSF新人賞受賞作
やむなき妥協策から観光都市と化した近未来のチベット。そこには世界最大の仏教学院(ラルンガル・ゴンパ)があり、赤い無数の僧房が山の斜面を埋めつくしている。そこでは、一万人以上の学員が暮らし、仏教 を学んでいる。14歳の少年僧ペーマは、同地を襲った大火で左手を失って以来、どこか周囲から隔絶された感覚を抱いていた。その欠落を埋めるように、彼はひそかにダンス教室に通い、貸与された「羅刹女」のアバターを身にまとってストリートで踊り続けていた。ある日、そのアバターのライセンスを返さなくてはならない事態が起こり、彼はやむなく僧院主催のダンスオーディションに参加し、その使用権利を取り戻そうとするが……


『SCI-FIRE 2021』特集:アルコール
【目次】
★ゲンロンSF新人賞正賞 全作家の書下し
高木ケイ「進化し損ねた猿たち」
天沢時生「ナキオ」
琴柱遥「悪魔から盗んだ女」
榛見あきる「大学六年生。密造酒、泥酔オセロ、」
田場狩「酩酊」
河野咲子「みそかごとめく」
★謎のマイクロノベル「食パン小説」
食パンにかな文字をスタンプする―― 雑誌『小学一年生』ふろく「ドラえもんアンキパンメーカー」で、食パンが小説になった!?
北野勇作・飛浩隆・久永実木彦
★書き下ろしアルコール小説・酩酊編
佐川恭一「職、絶ゆ」、今野明広「恋愛レボリューション12」
★書き下ろしアルコール小説・酒怪編
久永実木彦「ガラス人間の恐怖」、吉羽善「或ルチュパカブラ」、藍銅ツバメ「蛇酒なんて置いてかないで」
★書き下ろしアルコール小説・無重力
谷田貝和男「星を飲んだ話」、中野伶理「金魚酒」、揚羽はな「Pity is akin to Love」
★書き下ろしアルコール小説・禁酒法
進藤尚典「お酒かな」、常森裕介「酔いどれ探偵vs泥酔した容疑者たちvsアルコール検知器」、遠野よあけ「しゅ」
★書き下ろしアルコール小説・壺中天
井上宮「魔法博士と弟子」、稲田一声「掌の怨念」、名倉編「酒売りの少女(ディオニュソス・ガール)」、櫻木みわ「ジョッキー」
★高丘哲次「実録ゴッドガンレディオ VS. サイファイア抗争史」
遠野よあけ「ぼくがダールグレンラジオで果たしたこと」


第5期生卒業文集
★テーマ短編 : チャレンジ編
田場狩「縁のメモリア」、馬屋豊「Gap between 5 and 6」、吉羽善一「バカンスまでは遠い鳥」、去場司「これはなにに見える?」、夢想真一「サイレント・ウォーキング」、岸辺路久「焚き銭」
★テーマ短編:リベンジ編
方梨もがな「縁をこえて」、山森衛「命の霧を編む」、葉々「Melancholy cyborg」、中野理一「暗涙のマリア」、本所あさひ「等々力リビジット」、長谷川京「夢の海に亰」、今野明広「SEXレボリューション62」、稲田一声「祖母のひそやかな断面」、岸田大「鏡の中の鏡」、岡嶋心「さいごの晩餐」、榛見あきる「ヲタロポリス・クライシス―同人誌ブルース-」
★フリー短編
新川帆立「闇の中」、六角大輔「ロープ小説」、西村真「サクラ咲く私たちの国」、織名あまね「声が聴こえる」、悠人「フリーダムデジタリアン」、園田陽「New game」、継名うつみ「輝かしき黄金の日々」、植田良樹「前を向いて歩け」、河野咲子「みそかあめのよ」
★エッセイ
去場司一「導火線」、馬屋豊一「レベル0」、山森衛「花は盛りをのみ」、竹田人造「護身不完成」、邸和歌「生き延び、負けた。」
★Inspired by the cover art
吉羽善「接続するマイクロノベル」

榛見あきる先生2019年実作
1:お題「『100年後の未来』の物語を書いて下さい」
「ブルーだけでは足りなくて」
8:お題「ファースト・コンタクト(最初の接触)」
「無何有(むかう)の位」
11:お題「最終課題:第4回ゲンロンSF新人賞【実作】」
「踊るつまさきと虹の都市」

榛見あきる先生2019年梗概で遊ぶ(笑)
梗概を読んで、オールドSFファンならどういう話を想像するかという……
あくまで梗概から連想される話です。もとの「お題」とは直接の関係はありません。
お題に沿っていることがあってもそれはたまたまです(汗;)書いた時は他の人の梗概は読んでません。
先に榛見先生作の梗概を読んでおいて下さい。榛見先生ごめんなさい。
昔のSFにありがちな設定・構成しか思いつかないので、年配の読者なら、あ~あれかな?と気づいてもらえれば嬉しい(笑)ラノベは、ほぼ知らないし、異世界転生ものもさっぱり(汗;)
「蒼ざめた月」のショートショートは、あの短編のまんまパクリです(汗;)
ついでに言うと、その後の展開・ラスト等は全く考えてません。榛見先生は、梗概の時点でだいたいのストーリーを考えられているそうですから、やはり作家の方は違うなあと(汗;;)

2:お題「読んでいて“あつい”と感じるお話しを書いてください」
「メルクリウスの仇花」
曰く“水星が舞台の「スペース園芸任侠おくりびと」”ということなのですが、熱くて暑い話の梗概なのかなと想像。
設定はファンタジーかラノベ風。これを活かすにはと考えると……
ということで、舞台は、水星。日中と夜間の温度差を利用した発電所(超耐熱型ソーラーパネルでも良いのですけどね)があり、マイクロウェーブによる送電と設備の保守担当のメインAIと、発電担当の二台のサブAIで構成、ファンタジー&異世界転生・なろう系が大好きな元ニートの保安要員も一人居ます。三台とも自律型AIで、メインのAIが故障時には、サブのどれか一台だけでも機能するように設計されてます。
ある日、太陽面で大規模なγ線バーストが起こりメインAIが暴走、悪いことにメインAIをシステムから物理的に切り離すキルスイッチと、地球からの指令を受ける通信設備も機能しなくなってしまう。
窮地に陥った専門知識の乏しい単なる保安要員である俺は、なんとかシステムを支配下におこうとするが、うまく行かない。そこで窮余の策として、好きな「異世界転生・なろう系」のラノベを大量にAIに機械学習させ、メインAI(死の王)とサブAI(火葬師レウコユムと宣教師ガランツス)、勇者(俺)として仮想空間に転位し、メインAIから支配権を奪い取る旅に出る……(笑)

3:お題「強く正しいヒーロー、あるいはヒロインの物語を書いて下さい」
「魔女っ子ミントちゃん☆オーバーライド!」
内戦の後遺症と淀んだ大気のため、薬品霧(スモッグ)に覆われた街。戦闘能力を削ぐため、言語中枢を抑制的に麻痺させる薬品霧が予定外の地域まで漏れ広がったため、そこで暮らす住民達には言語能力に問題があった。上空まで壁に覆われた風のない貧民街は、極小の群体ドローンによる流体制御技術(ミアズマ)でどうにか薬品霧のさらなる影響から免れていた。
街の汚染がもう制御できないと域に達したと判断した衛生局は、上空の壁を壊し空気を循環させる計画をたてたが、問題は言語を解さない住民達からどうすれば犠牲者を出さずに済むかだ。
衛生局員のエチカは、住民たちの間でも人気のあるキャラクター「魔女っ子ミント」の映像を使い、住民達を誘導する案を提出する。「魔女っ子ミントちゃん☆オーバーライド!作戦」発動!(笑)

4:お題「『何かを育てる物語』を書いて下さい」
「箱庭ヘテロトピア」
男娼を専門とした遊郭で働く男娼「炯(ケイ)』と「昂(コウ)」という双子。二人は、立役の時は『炯』と呼ばれ、女形のとき『昂』と呼ばれるのだ。遊郭での試作機運用により、世界で初めて人体でのMRI撮影が成功し、脳の神経発火から固有の相パターンの連動が発見される。世界の各地で追試が行われ、そこから得られた結論は、文明の進歩と異性愛が相反する相を持っているということであった。すなわち、文明が進歩すればするほど、男女のカップルは減り、合計特殊出生率は減少し人口も減り続けると。
生命、宇宙、そして万物についての究極の疑問の答えである「42」とは、男・男と女・女の4人による2組を単位としたユニットのことだった。人類はこの「42」ユニットと人工子宮による子作り・子育てで文明の滅亡を回避しようとするのだが……(我ながら無理矢理だな(汗;))

5:「シーンの切れ目に仕掛けのあるSFを書いて下さい」
「歩けない蝶の献身あるいは鹵獲」
脳の神経結節を読み取り、解析された脳機能を選択的に分離・増強・交換可能にする経皮頭蓋神経インタフェース(tNI)が実用化された未来。手児奈(てこな)ともよは、元々はtNIを使って病んだ人に寄り添い回復させるすぐれたヒーラーであったが、重度の紅斑性狼瘡のため自室のベッドから動けなくなってしまっていた。
一方、有正幸恵は窮極のプロファイラーとも言うべき存在で、主としてテロ対策にあたり、その対象者が憑依するといっても過言でない行動予測で数々のテロを阻止してきた。しかし対象にのめり込みその人生を生きるといってもよい捜査方法は、その代償として重いPTSD / 心的外傷後ストレス障害をうみ、任務の継続が難しくなりつつあった。
ともよにとって病室はつまらないモノトーンの世界であったが、患者の記憶はいくら辛い記憶であってもビビッドなカラーの世界だったので、たっての依頼だったこともあり、幸恵の治療を引き受ける。
順調に進んでいるかに見えた幸恵の治療だが、ある頃からともよの入院する病院の近辺で凄惨な事件が頻発するようになってきたのだ……

6:長距離を移動し続けるお話しを書いて下さい」
「マスティクスにもう一度」
カーボンナノチューブの外骨格を持つ多脚自律型生体ビークル「立駒」(笑)ネーミングの由来は、昔の超有名だったアニメに出てくるロボットに似ているから。車体の漢字は日本人に描いてもらった。で、俺の名前は「馬頭」。日本人に言わせると俺が馬面だというのもあるし、そのアニメではタチコマとバトーは良いコンビだったそうだ。
俺たちは、この荒廃した世界で「郵便屋」を生業としている。道なき道を走り、アメリカの端から端まで何でも運んでいくのだ。ただし重量制限があり、立駒の車重(600kg)と俺の体重(70kg)を含めて、1000kgまでという決まりになっている。立駒が太る(体積で言うと半分以上生物なので太るのだ^^;)と、積載量が減って稼ぎも減る。だから、太らないように口うるさく言うのだが、なかなか食欲は抑えられないので、二人の間では、立駒が10kg痩せないといけないときは、俺も1kg体重を減らす約束になっている。不公平だと文句が多いが、重量が一桁違うからしかたがないぞ(笑)
今回の我々の仕事は、この世に一冊だけ残った本をひたすら西へと運ぶこと。なんじゃそれはと思ったが、目的は運んでいると自ずとわかるようになると。まあ金になるならしかたがない……

7:「『取材して』お話しを書こう。」
「レッドライン・エンタングルメント」
運命の赤い糸と言われるが、なぜか私には子供の頃からその糸を視ることができた。漂う赤い糸もあれば、既に特定の人の指と結ばれている糸もある。結ばれた同士は、元々結婚する運命にあるので、何かのきっかけさえあれば、その二人は結ばれるということも。そして、どの赤い糸同士が引き合っているかも何となく判別できるようになってきた。
成人した私は、この能力を活かすためにマッチングアプリを開発し、カップル成立時のみ料金を頂くシステムを構築した。なに、どの赤い糸がどの赤い糸と引き合っているかを判断し、出会いの場さえ設ければ、あとは糸同士が勝手に絡まり運命のカップルが誕生するというわけだ。この業界では驚異のカップル成立率を誇り、運命の人に出会ったと感じた二人からは、十分な謝礼を頂くことが出来た。
しかし結婚したからといって幸せになるとは限らない。結局のところ、単に二人が結ばれるというところまでが赤い糸が示唆する運命なのだろう。結婚したがためにお互いに憎み合い離婚するとか、保険金をかけて相手を殺害するという悲惨な事例もあった。
また、例えば一方のスペックが経済的にも性格的にも高い場合には、赤い糸のマッチング率も高くなる(一人とは限らなくなる)傾向もあるし、再婚を繰り返した方がお互いに良い場合もあったりと判断が難しい事例もあった。
現在のところ私にしか視えない赤い糸の秘密を探るために、会社の利益から資金を捻出し最先端の知見を求めた結果、赤い糸のように見えるものは微少な空間のゆがみ=重力波の一形態であることがわかった。
そして、結ばれたカップルの追跡調査と、赤い糸の性質の精査から出てきたのは驚くべき結果であった……

9:「『20世紀までに作られた絵画・美術作品』のうちから一点を選び、文字で描写し、そのシーンをラストとして書いて下さい。」
「蒼ざめた月」
「神隠しにあった子供は昔から一定数存在する」
「次元断層に落ちたのでは」
「見えるし触れるということは、まだ3.5次元あたりで引っかかっている?」

医者や科学者たちが喧しいが何の解決にもならない。昨夜の地震後、赤ん坊が一瞬消え、また元に戻ったが、その時には普通の状態では無かった。




医者に「赤ちゃんがどう見えているか描いて下さい」と言われたが、私にはこんな風に我が子が見える。
医者や科学者たちが言うには、「赤ちゃんは、うごめくピンクのチューブのようにしか見えない」そうだ。
私たち夫婦も次元震の影響を部分的に受けているので、そうでない人間とは見え方がちがうのだそうだ。
妻は半狂乱で会話が成り立たず相談できないので、今後のことは私ひとりで決めなければならない。



現在は、私がこちら側に軸足があり、赤ん坊はほとんどあちら側に居るといってよい状態で、私と赤ん坊が母親を引っ張り合っていて、妻がどちらに転ぶかは私の決心次第だと。
完全にあちら側に移行したら、どんな世界が待っているのだろう。怖くもあるが、家族の居ないこの世界に残るよりあちら側で家族三人のほうがまだましではないかとも思う。
窓から外を見ると不思議な色合いの風景が広がっている。妻にも同じ風景が見えているのだろうか。
たぶん月と船だと思う見慣れぬ色彩と形の景色だが、心安らぐのは何故なのだろうか……


夫妻は、赤ん坊に寄り添おうと決心したようだ。
今朝、私たち調査団が見たものは、“楽しそう”にうごめく大小三本のチューブたちだった。



「小説すばる」2022年4月号、873円
特集「メタバース最前線」
対談:藤井大洋×加藤直人
読切:麦原遼、吉羽善、藍銅ツバメ
創作会議:企画者:榛見あきる×アドバイザー:加藤直人(クラスター(株)CEO)
part1:食事
 メタバースでの食事にフォーカスしたD2C形態のサービスが展開される。
 料理人は3Dプリンターで出力される料理のレシピを設計する→シェフ=デザイナー
 エンターテインメントとしての料理はあり得る?
 栄養摂取と楽しむ行為は分けられる
 食事は精神安定装置の側面もある
part2:ペット
 ペットに意識や寿命は必要か否か
 動物も視覚などをハックすることは可能
 人型のペットなど、性的な部分での定義が必要かもしれない
 メタバース内で問題が起きたとき、一般にソフトフォーク、ハードフォークと呼ばれる方法で対処
 ハードフォークの場合、メタバースでの数日間が消えてしまうことになるかも。



小説すばる2022年5月号、873円
読切短編:鈴村ふみ「大銀杏がひらくまで」
榛見あきる「(Dis)cover of Virtual Ramen」
 情報身体職人(アバターメーカー)のフジは、“ゴロー系ラーメン”のアバター製作を依頼される。依頼人は、学生時代の“優勝”していた日々を思い出したいのだというが――。前号メタバース特集より、「メタバースの食事」SFが誕生!
 まあ平たく言えば、食品3Dプリンターで出力するラーメンの味や香りのデザインをする話です。それがそのままラーメンの本質を巡る話になっているところが面白いです。



『メタバース さよならアトムの時代』加藤直人著
2022.4.5、集英社、Kindle版、1485円
【目次】
第1章:メタバースとは何か
第2章:メタバース市場とそのプレイヤーたち
第3章:人類史にとってのメタバース
第4章:VRという技術革命
第5章:加速する新しい経済
第6章:メタバースの未来と日本
「世界を変える30歳未満30人の日本人」(Forbes JAPAN)に選出された、メタバースプラットフォームcluster創業者が幻視する、人類が物質(アトム)の束縛から解き放たれる未来とは?

カテゴリー: ゲンロンSF関連, 著者インタビュー関連書籍 | コメントは受け付けていません。

福江純先生著者インタビュー関連


『やさしいアンドロイドの作り方―SFはどこまで現実になるのか』福江純著、福田武比呂装画
1996.3.5、大和書房、1500円
タイムマシンの作り方・宇宙移住の実現性から遺伝子操作・不老不死、ロボットが持つ可能性まで、科学の「今」を解説する。わかり易く、滅法面白い、ロマンに満ちた本。
1,宇宙人はどこにいるのか?
2,宇宙旅行はどこまで可能なのか?
3,人類が宇宙に住む日はくるのか?
4,タイムマシンは可能なのか?
5,異次元の扉は開くのか?
6,ロボットはヒトの心がもてるのか?
7,遺伝子操作はモンスターを生み出すのか?
8,人類はどこまで進化するのか?
9,不老不死は実現するのか?
10,まとめに代えて―われわれは理解しあえるのか?



『アインシュタインの宿題』福江純著、モリナガ・ヨウ挿画、図版、オブジェ
2000.8.5、大和書房、1600円
「神はサイコロ遊びなどしない」「世界が理解できるという事実こそ、ひとつの奇跡だ」 アインシュタインの残した数々の言葉を入口に、相対性理論からブラックホール、量子力学から宇宙論までをやさしく解説。
1,あなたの時間、私の時間 相対性とはどういうことか
2,光と一緒に走る 光速度不変という原理について
3,エレベータの内と外 等価原理という考え方
4,なぜ星が見えるのか? 光量子仮説
5,時間と空間の統一 時空のダイアグラム
6,ウラシマ効果 同時性と時間の遅れ
7,最も有名なアインシュタインの式 E=mc^2
8,時空のカタチ 曲がった空間
9,ブラックホールなんか怖くない 謎の天体の秘密
10,生涯最大の過ち 静止宇宙とビッグバン
11,アインシュタインの夢 世界の法則の統一と理解



『科学の国のアリス―★入門!ニュートン物理学』福江純著、モリナガ・ヨウ図版、挿画、オブジェ
2005.6.10、大和書房、1600円
クラシックサイエンス=ニュートン物理学の世界をアリスが楽しくナビゲート。知っているようで知らない、“身近な不思議”を科学する本。
1,虹の国 ハートは何色?
2,光の国 光は一人二役
3,運動の国 自然のルール・運動の法則
4,重力の国 宇宙のルールと万有引力
5,電磁の国 電気と磁気の合体
6,熱の国 温度って何?
7,水の国 木の葉の行方
8,時空の国/真理の国 ニュートンの宇宙とアインシュタインの宇宙



『90分でブラックホールがわかる本』福江純著、カサハラテツロー:コミック・イラスト
2020.7.10、大和書房、Kindle版、1320円
アインシュタインの予言から100余年、謎だらけの天体の秘密に迫る。ゼロからわかるブラックホール特別講義!すらすら読めてブラックホールの謎と不思議がよくわかる!
【序章】ブラックホールが”視えた!!”
【第1章】ブラックホール、知ってるつもり!?
もし太陽がブラックホールになったなら…
【第2章】ブラックホールはどんな天体か?
アインシュタインが一般相対論で予言したこと
【第3章】ブラックホールはどこに居る?いくつある?
発見の歴史と新たな謎
【第4章】ブラックホールはどう視える?
光り輝くブラックホールのさまざまな姿
【第5章】イベントホライズン望遠鏡がとらえたもの、とらえられなかったもの
実際に視えたブラックホールと光子リング
【終章】ブラックホール未来授業
ブラックホール直接撮像の意義と今後
紹介記事「センス・オブ・ワンダーが誘う未来へ── 『90分でブラックホールがわかる本』

カテゴリー: 著者インタビュー関連書籍 | コメントは受け付けていません。

松崎有理先生著者インタビュー関連本

『イヴの末裔たちの明日』松崎有理著、カシワイ装画
2019.11.29、東京創元社、Kindle版、1777円
【収録作】
「未来への脱獄」刑務所で同室の男はタイムマシンを作ろうとしていた……
「ひとを惹きつけてやまないもの」長く未解決だった数学予想の証明に取り憑かれた青年と、暗号解読に人生のすべてを捧げた宝探し人の行く末を追う
「イヴの末裔たちの明日」ロボットが労働の大半を担うようになった未来、首を言い渡された男の行く末は……
「まごうかたなき」遠い未来。温暖化のすえ荒れ果てた大地でどうにか命を繋いでいる人の集落に怪物がやってくる……
「方舟の座席」異星人によって人類の大半が滅亡させられた時、衛星軌道で生き残った人は……


『Genesis 白昼夢通信』創元日本SFアンソロジー Kindle版、2019.12.20、1980円
【収録作】
高島雄哉「配信世界のイデアたち」
石川宗生「モンステリウム」
空木春宵「地獄を縫い取る」
中村融〔エッセイ〕「アンソロジーの極意」
川野芽生「白昼夢通信」
門田充宏「コーラルとロータス」
西崎憲〔エッセイ〕「アンソロジストの個人的事情」
松崎有理「痩せたくないひとは読まないでください。」
水見稜「調律師」


『Genesis されど星は流れる』
創元日本SFアンソロジーKindle版、2020/8/28、東京創元社、2090円
【収録作】
宮澤伊織「エレファントな宇宙」
空木春宵「メタモルフォシスの龍」
オキシタケヒコ「止まり木の暖簾」
池澤春菜×下山吉光〔対談〕「プロの覚悟を届けたい――朗読という仕事」
松崎有理「数学ぎらいの女子高生が異世界にきたら危険人物あつかいです」
堀晃「循環」
宮西建礼「されど星は流れる」
折輝真透「蒼の上海」



『小説宝石』2021年7月号
2021.6.22、光文社、818円
“主人公が●●〈擬人小説〉特集”
黒木あるじ「春と殺し屋と七不思議」七不思議を処分する
そえだ信「いみじく」カラオケマシンが……
藤崎翔「勇者たちのオフ」ゲームキャラクタたちのオフタイム
松崎有理「山手線が転生して加速器になりました。」
松崎さんのが一番のおバカSFですなあ(笑)



SFマガジン2021年6月号
2021.6.1、早川書房、1200円
《異常論文特集》【収録作】
「INTERNET2」木澤佐登志
「裏アカシック・レコード」柞刈湯葉
「インディアン・ロープ・トリックとヴァジュラナーガ」陸秋槎
「オルガンのこと」青山新
「『多元宇宙的絶滅主義』と絶滅の遅延──静寂機械・遺伝子地雷・多元宇宙モビリティ」難波優輝
「火星環境下における宗教性原虫の適応と分布」柴田勝家
「SF作家の倒し方」小川哲
「ザムザの羽」大滝瓶太
「樋口一葉の多声的エクリチュール──その方法と起源」倉数茂
「無断と土」鈴木一平+山本浩貴(いぬのせなか座)



『異常論文』樋口恭介編
2021/10/19、早川文庫JA、Kindle版、1228円
【収録作】
「決定論的自由意志利用改変攻撃について」円城塔
「空間把握能力の欠如による次元拡張レウム語の再解釈 およびその完全な言語的対称性」青島もうじき
「インディアン・ロープ・トリックとヴァジュラナーガ」陸秋槎
「掃除と掃除用具の人類史」松崎有理
「世界の真理を表す五枚のスライドとその解説、および注釈」草野原々
「INTERNET2」木澤佐登志
「裏アカシック・レコード」柞刈湯葉
「フランス革命最初期における大恐怖と緑の人々問題について」高野史緒
「『多元宇宙的絶滅主義』と絶滅の遅延──静寂機械・遺伝子地雷・多元宇宙モビリティ」難波優輝
「『アブデエル記』断片」久我宗綱
「火星環境下における宗教性原虫の適応と分布」柴田勝家
「SF作家の倒し方」小川哲
「第一四五九五期〈異常SF創作講座〉最終課題講評」飛浩隆
「樋口一葉の多声的エクリチュール──その方法と起源」倉数茂
「ベケット講解」保坂和志
「ザムザの羽」大滝瓶太
「虫→……」麦原遼
「オルガンのこと」青山新
「四海文書(注4)注解抄」酉島伝法
「場所(Spaces)」笠井康平・樋口恭介
「無断と土」鈴木一平+山本浩貴(いぬのせなか座)
「解説──最後のレナディアン語通訳」伴名練
「なぜいま私は解説(これ)を書いているのか」神林長平
想像力の限界を試されている気がする、空前絶後・前人未踏な飛浩隆先生の「第一四五九五期〈異常SF創作講座〉最終課題講評」は圧巻。SF創作講座の受講生の皆さんは、これを読んでどういう感想を持たれたかも気になるところです。



『ショートショートドロップス』新井素子編
2021.1.25、角川文庫、660円
【収録作】
新井素子「のっく」
上田早夕里「石繭」
恩田陸「冷凍みかん」
図子慧「ダウンサイジング」
高野史緒「舟歌」
辻村深月「さくら日和」
新津きよみ「タクシーの中で」
萩尾望都「子供の時間」
堀真潮「トレインゲーム」
松崎有理「超耐水性日焼け止め開発の顛末」
三浦しをん「冬の一等星」
皆川博子「断章」
宮部みゆき「チヨ子」
村田沙耶香「余命」
矢崎存美「初恋」
新井素子先生による女性作家アンソロジー。レベルの高い作品ばかりでSFファン以外にも広くお薦めできます!



『SF思考 ビジネスと自分の未来を考えるスキル』
藤本敦也・宮本道人・関根秀真編著、2021.7.28、ダイヤモンド社、1500円
【第1章】SFとビジネスの関係
世界のビジネスリーダーはSFに影響を受ける
【第2章】3×5のSF思考
【SF第3章】「自分の未来」を創造するSF思考は荒唐無稽だが、荒唐無稽ではない
【第4章】SF思考がはばたく「未来ストーリーづくり」
【第5章】SF思考で、いまと未来を変えていく
【第6章】SF作家×企業でつくる未来ストーリー
【第7章】SF思考から生まれた5つの未来
ヘルスケアの未来「海の感情」高橋文樹
つながりの未来「秋の雷」柴田勝家
働き方・活動の未来「向かい風ありて」長谷敏司
防災の未来「災厄の中の希望」林譲治
環境の未来「秋刀魚、苦いかしょっぱいか」松崎有理

カテゴリー: 著者インタビュー関連書籍 | コメントは受け付けていません。

《草紙屋薬楽堂ふしぎ始末》シリーズ完結記念著者インタビュー(丹地陽子作品集)

『草紙屋薬楽堂ふしぎ始末』平谷美樹著、丹地陽子カバーイラスト
2016/10/15、大和書房、680円
「謎を解いて、見事に怪異を鎮めてみせるよ」
時は文政、江戸の通油町にある本屋・草紙屋薬楽堂に戯作を持ちこんだのは、地味な三筋格子の着物を粋に着こなした、鉢野金魚。薬楽堂に居候する貧乏戯作者・本能寺無念とともに巻き込まれるのは、あやかしの仕業とも囁かれる怪事件……


『草紙屋薬楽堂ふしぎ始末 絆の煙草入れ』平谷美樹著、丹地陽子カバーイラスト
2017/5/15、大和書房、680円
「気の強ぇ女が二人――こいつぁ危ねぇ組み合わせが出来上がっちまったな」
時は文政。江戸の通油町にある本屋、草紙屋薬楽堂の面々に、曲亭馬琴に認められた武家の女、只野真葛が加わった。売出し中の女戯作者・鉢野金魚(はちのきんとと)と貧乏戯作者・本能寺無念(ほんのうじむねん)、もと御庭番の読売屋・北野貫兵衛らとともに、真葛は怪異がらみの噂と企みの背後の闇を探り始めるが……


『草紙屋薬楽堂ふしぎ始末 唐紅色の約束』平谷美樹著、丹地陽子カバーイラスト
2017/12/15、大和書房、680円
「あたしはあんたがどこへ行ったって、必ず見つけてあげる」
時は文政、江戸の通油町にある本屋・草紙屋薬楽堂が特別に誂えた大切な表紙紙が盗まれた。知恵者の売れっ子戯作者・鉢野金魚と貧乏戯作者・本能寺無念は、金魚の遠き友への想いがこもった唐紅色の紙を取り戻すために、現場となった表紙仕立屋・播磨屋を訪ねるが……。

『草紙屋薬楽堂ふしぎ始末 月下狐の舞』平谷美樹著、丹地陽子カバーイラスト
2018/10/15、大和書房、680円
「見えないかい? 月明かりの中の妖しく美しい狐の舞が」
時は文政、ある雨の日、江戸の本屋・草紙屋薬楽堂に持ち込まれたありふれた人情噺の裏には、禍々しくも哀れな狐憑きの噂が……。
推当物を得意とする女戯作者・鉢野金魚と貧乏戯作者・本能寺無念、武家の女・只野真葛、高名な父を持つ女絵師・葛飾応為ことお栄は、切ない出口なしの物語を「一番の結び」に導く大芝居を計画する。


『草紙屋薬楽堂ふしぎ始末 名月怪談』平谷美樹著、丹地陽子カバーイラスト
2019/9/15、大和書房、680円
「次の百物語では必ず怪異が起こる」
時は文政、推当物が評判の女戯作者・鉢野金魚は、武家の女・只野真葛、貧乏戯作者・本能寺無念らとともに、怪異の謎を解き明かすべく、亡魂が現れるという百物語に参加するが……。



『草紙屋薬楽堂ふしぎ始末 凍月の眠り』平谷美樹著、丹地陽子カバーイラスト
2022/1/15、大和書房、740円
「生ける屍 本所深川反魂の宴」
──時は文政。推当物が人気の女戯作者・鉢野金魚と貧乏戯作者・本能寺無念は、墓に埋められた死体が生き返ったとの噂を聞き、その真相を探ろうとする。
「本草学者 未練の訪れ」
若き本草学者が亡くなったあと、書物屋に持ち込まれた蔵書。幽霊と書き込みの無い本をめぐる謎とは。
「丑の刻参り 呪いの行方」
許婚に裏切られた女の呪い。いったい女の身に何が起こったのか、裏切った侍の真意は……
「雪女郎 凍月の眠り」
吹雪の日に姿を消した薬楽堂短右衛門の娘・けいの足取りを追い、六部の装束を纏った童女が誘う空き家に踏み込むが、そこに居たのは……



『草紙屋薬楽堂ふしぎ始末 凍月の眠り』の帯をとったバージョンです。
著者インタビューの本文中にもある通り、金魚さんの艶姿は、「丑の刻参り 呪いの行方」での出で立ちと藁人形。「生ける屍 本所深川反魂の宴」のモチーフが右上のさらばえた両手。 「本草学者 未練の訪れ」は背景で散らばる和書、「雪女郎 凍月の眠り」はたぶん雪景色と黒い蝋燭と人魂かなあ


丹治陽子作品集
『丹地陽子画集』丹地陽子著
2121.10.20、パイインターナショナル、1800円
丹地先生から許可が出たので掲載
SF・ファンタジー系の装画がわりと多いような。
○「アニマ・ソラリス」で取り上げたことのある本の装画
上記《草紙屋薬楽堂ふしぎ始末》シリーズ全6巻
平谷美樹著《鉄の王》『伝説の不死者』『唐金の兵団』
松崎有理著『代書屋ミクラ』『代書屋ミクラ すごろく巡礼』
○持ってる本
ル・グイン著『闇の左手』
あさのあつこ『燦6』『燦7』
フレデリック・ブラウン著『街角の本屋さん 18の奇妙な物語』
内田康夫著『ぼくが探偵だった夏』
SFM2013年7月号
小林泰三著『アリス殺し』『完全・犯罪』

カテゴリー: 時代小説, 著者インタビュー関連書籍 | コメントは受け付けていません。

ふくろうの本「野田SFコレクション」

『図説|ロボット 野田SFコレクション』野田昌宏著
2000.11.30、河出書房新社、ふくろうの本、1800円
序章:ロボットに託した人類の夢
1,ロボットSFの誕生
2,花開くパルプSFの時代
3,ロボットとアンドロイド
4,ロボット三原則の成立
5,戦後SF雑誌を飾ったロボットたち
別章|アメリカSF雑誌の歴史
おわりに|いじらしいロボットたちよ……


『図説|ロケット 野田SFコレクション』野田昌宏著
2001.8.30、河出書房新社、ふくろうの本、1800円
はじめに|夢の船の航跡を追って……
序章|宇宙ロケット開発史
1,現代宇宙船のゆりかご
2,ロケット新時代の到来
3,宇宙には美女がよく似合う
4,現実に追いつかれた宇宙船
5,宇宙船の考古学
おわりに|ロケットのさらなる進化を願い……




『図説|異星人 野田SFコレクション』野田昌宏著
2002.5.30、河出書房新社、ふくろうの本、1800円
はじめに|聖徳太子も火星人をご存じだった!
1,最初に火星人ありき……
2,パウルの描く異世界の生物
3,何でもありの異星人と美女
4,まともな異星人たちの肖像
5,エド・カーティアと星間生物圏(ディヴィド・カイル「星間生物圏」全訳)
6,異星人の考古学
「SF雑誌年表」
おわりに|異星人はSF雑誌から逃げた……


故野田氏ご推薦のフィンレイのイラスト。
特に女性のヌードが絶品とか。
右はメリットの『黄金郷の蛇母神』のイラスト
『図説|異星人 野田SFコレクション』より引用



話題に出ていたフリースのイラストは、『火星人ゴーホーム』の表紙画が有名ですが、右はシマックのヒューゴー賞受賞作短編「大きな前庭」のイラスト
『図説|異星人 野田SFコレクション』より引用

カテゴリー: FC探訪用 | コメントは受け付けていません。

「宇宙気流」(SFFC探訪関連)

SFファンクラブ探訪「SFM同好会/宇宙気流」
現在入手可能な「宇宙気流」誌の表紙画です。
内容等については、森田裕氏の「宇宙気流のページ」にリンクしてます。
「宇宙気流チェックリスト」
SFファンクラブ探訪「SFM同好会/宇宙気流」前編(森田裕氏へのインタビュー)
SFファンクラブ探訪「SFM同好会/宇宙気流」後編(林芳隆氏へのインタビュー)


84号の内容


85号の内容


86号の内容


87号の内容


88号の内容


89号の内容


90号の内容


91号の内容


92号の内容



93号の内容
欠品中。再刊予定あり。→2022.02月再刊されました。


94号の内容

カテゴリー: FC探訪用 | コメントは受け付けていません。