カテゴリー別アーカイブ: 自作を語る

『セックスロボットと人造肉』(「ラブライフ(仮))関連

『セックスロボットと人造肉』ジェニー・クリーマン著、安藤貴子訳 2022.8.28、双葉社、2500円 「テクノロジーは性、食、死を“征服”できるか」と銘打たれた本書のテーマは、「性愛」「肉食」「生殖」「自死」、それはテクノロジーの、最後のフロンティア。 高性能AIを搭載し、あなたの欲望をすべて叶えるロボットは「完璧な伴侶」になりうるか? 人工で培養した肉は動物たちの権利を守り、気候変動を防ぎ、地球を救うだろうか? 妊娠も出産も、代理母すら必要ない人工子宮による生殖は本当に女性たちを社会的に救うのか? 人間にとって「満たされた、完璧な死」とは何なのか……? イギリスのジャーナリストが、様々なインタビューを通して見通す未来観を期待して読み始めたのだけど、たぶんSFファン向けではないかも。真面目に取材してあって、そこは好感が持て、現在どういうところまで実現できているかとその問題点をつまびらかにしてあるのだけど、その後への考察が足らない。まあ、それを考えるのがSFだろ?という指摘には同意します(笑) 文中にある“自分を女性とは呼びたくない「彼女(she/her)」という言葉を使って自らを表されるのも嫌だと主張する人物が、まさか、女性の情愛をこれほどまでに誠実に、感動的な言葉で説明できるなんて、こう言うと私自身の予断を白状してしまうことになるが、子どものいないトランスジェンダーの人がここまでみごとに母というものを表現するとは思ってみなかった”とありました。私は、ほとんどわかってないぞと、最初の理解はしましたが(汗;) 科学と倫理の境界でゆらぐ、21世紀の性、食、生、死。生命倫理、暴走する資本主義、ジェンダーとフェミニズム、気候変動、管理社会、ウェルビーイング……様々な命題が複雑に絡み合う最新技術開発の最前線で、気鋭のジャーナリストがその進歩や課題、あるいは華やかなシリコンバレーの起業家たちをはじめとしたプレイヤーの虚実を5年にわたって現場取材し、21世紀の「人間性」のゆくえを考察した、グレーな近未来ガイド。

カテゴリー: 自作を語る | コメントは受け付けていません。

「たなかなつみ自作を語る」関連本

『夢見る人形の王国』たなかなつみ著、坂上誠表紙 うのけブックス、480円、2017.9.18、Kindle版 収録作: 1:お祖父さんの昔話/箱のいる風景/記憶のスープ/甘い甘い果実の王国/落ちるための橋/穴売り/あの音/あれは扉である/罰/美しい街/いつもと同じ日々/お誕生日/ひとりぼっちのディングディングドン/顔のない者/名前ありき/逃亡者/風の舞い/氷猫 2:夢見る人形の王国/そこは夢の国/足跡は遠く遠くまで続いている/穴のハンラン/春の鼻を咲かせましょう/あなたとわたしの秘密/幸せな暮らし/孤独な走者の幸せなリレー/過去の堆積は未来へ託される/ごみになる/淀まない水/今日も凍てつく水の中を/夜釣り/一本糸の国/お喋りな街/サミシイ夜の生き物/ヒト型/汗っかきな夫/飴細工の最期/幸せをうる仕事/最後の仕事/蛍光灯/視線/万華鏡幻夢/幕間狂言 3:狩り/穴を掘る/砂人形/虫から魔法を授かった男の話/時を刻む時計/遊び/病院に行きたい病/溺レル夜/酩酊/姉さんの紅/妹/七千の彼女の物語/曖昧村/音の響く街/冬の花園/炎花/手の先/恋ワズライ/欲/十字路/うちの婆/上演 『たまゆらのこえ: 超短編小説アンソロジーvol.2』 紅坂紫監修、佳嶋装画、2022.4.2、Kindle版、100円 収録作家: 青島もうじき/朝川葵/阿下潮/いかずち木の実/一寸たす/伊島糸雨/糸川乃衣/稲田一声/入谷匙/鵜川龍史/エリック・フォムリー/大木芙沙子/岸辺路久/きょむ太郎/鞍馬アリス/紅坂紫/小梅田せら/児島成/佐伯真洋/さかな/里崎/猿場つかさ/茶山因/城築月/セシリア・ブルズ(吉田育未)/瀬戸千歳/高橋祐太/たなかなつみ/十佐間つくお/トシヤ・カメイ/中臣モカマタリ/野咲タラ/羽暮/薄荷みんと/化野夕陽/針乃夢史郎/晴/萬朶維基/星詠/堀部未知/御神楽/緑わかめゼリー/森看板/山口静花/山崎朝日/ヨアヒム・ヘイジンダーマンズ/渡邉清文 / 勝山海百合(翻訳) 『超短編の世界〈vol.3〉』タカスギシンタロ・松本楽志・たなかなつみ編 西岡千晶カバーイラスト、2011.2.7、創英社、1400円  短編より、短い! 短編より、面白い!  想像力をかきたてる、新しい文学体験! 「恋」をテーマに500文字以内で描かれた「ものがたり」を集めました。小説のような、詩のような、俳句のような……不思議な「超短編」の世界へようこそ。 『物語のルミナリエ』井上雅彦監修、2011.12.20、光文社、895円 「再生」(たなかなつみ作)収録、巻末に監修者による“たなかなつみ”さんの紹介あり。 『未来妖怪』井上雅彦監修、天野行雄オブジェ 2008.7.20、光文社、971円 “未来妖怪燐寸匣(マッチばこ)超短編作家19人集”として、「コノ奥ニアナタノ未来ガ見エマス」(たなかなつみ作)が収録

カテゴリー: 自作を語る | コメントは受け付けていません。