作成者別アーカイブ: doru

doru の紹介

 私は興味があるものに対しては物凄い好奇心を持ちます。(私の部屋には一千冊程度書物をおいています。普通の家庭の私の部屋にはそれ以上おけません。しかたがないので図書館で書物をかなり借りて読んでいました) また興味をないものには一切関心を示しません。まあそれは誰でも同じだろうとそれなりに理解しているつもりです。 今、私は「山月記」の虎と同じような運命になっています。虎と同じように私にも人間的に欠陥があるだけじゃなく文書にも欠陥がありました。原稿用紙10枚ぐらいなら普通に書けてバブル時代は70~80%(社会道徳上に酷いものもお構いなく投稿していました)の確率で採用されて文書系においてはまさしく賞金稼ぎでした。ただ原稿用紙20枚ならちょっときつくで、新人作家の投稿基準となる原稿用紙50枚ならどうあがいても無理でした。 それに若い頃はかなり怠惰でした。例え文書に欠陥があっても全力で書けばほどほどの作家になっていたのじゃないかと思います。今になって悔やんでももう遅いです。 文章によく出てくるもとくんは、私が20代の頃からパソコン通信&インターネットでメールや掲示板でさまざまな意見交換をしてくれた男の人です。悲しいことに2015年に肺がんで逝ってしまいました。 あるサイトの掲示板に書いたいた私の文書を一部変更して引用します。 「生前もとくんは、私が書く文書は、書いている本人は普通だと思っているようだけど、もとくんや他の人から見れば異常な文書だと痛烈に批評してくれていました」  またそこの私のプロフィールにもとくんが書いていたことも一部変更して引用します。 「偽善を憎むあまり偽悪家を装っているが、毒舌家でもあるのでそーとーきつい言葉を口走ることありますけど根は優しくて正直者。人を裏切るということがありません」  もとくん、私と長い間つきあっていて、文章だけでなく、私の人間的な本質まで見抜いていたのじゃないかと思います。 今は「十億年のうたたね(日常編2003年前半)」だけだけど、命がつきるまで徐々に作品数を増やしていこうと思います。(補足ですが、2003年当時姪っ子は3歳です) ***************************************************************************************************************************** SF作家筒井氏大激怒「まんがを読むより小説を読め」 私はある病気が原因で、体力心身とも絶不調のときがありました。当然物語の質も落ちていわゆる作家のスランプ状態でした。そのとき朝日系のパソコン通信で物語を書いて新人賞(同期にノーベル賞候補になったと噂の川上 弘美先生の「神様」も掲載されていました)と言えるものがあり、もとくんが誘ってくれたけど、私はまともな物語が書けず、仕方がなくその頃見た夢の内容を物語風に少しアレンジして出しました。 だいたいの作家は、もうちょっと工夫すれば外国の誰それ(名前忘れた)の作品に似たものになるのじゃないかとほぼ平均的で好意的な意見をくれました。 ただそのとき審査委員長だったSF作家の筒井氏だけが私の作品を読んで大激怒しました。かなり酷い批評をしました。その怒りは激しくそこの朝日系のパソコン通信の中だけじゃなく怒りは飛び火していました。偶然私が本屋で立ち読みしていた他の雑誌でその朝日系の新人賞の感想を筒井氏に聞いた記事を見ました。その記事には川上 弘美先生の「神様」を大絶賛したのとまったく逆で(私の作品の名前は言わなかったけどを勘のいい私は自分の作品のことを言っているのだなと悟りました)大激怒してかなり酷い批評をして、川上 弘美先生と同じぐらいの行数を使っていたのじゃないかな。その当時コピー代は高かったし、山月記の虎と同じような運命になった私の高慢な自尊心を傷つけられて雑誌を買う気も起こりませんでした。その物語を書いた当時は私も若かったし、表現方法も稚拙だっだし、表面上は薄い紙かプラスティックのようなもので隠していました。でもその本質は、ある病気の一つの要因となった私と親との確執を描いた私自身の魂の物語でした。他の作家は見抜けかったけど、唯一筒井氏だけが見抜き、トラウマか無意識的なものか知らないけど、私の異常性を感じとって、生理的に嫌悪して大激怒した原因じゃないかと思います。 ***************************************************************************************************************************** p.s 11/7現在 1~4はもとくんと姪っ子をかえただけのオリジナルです。1週間以内に少し推敲して編集します。

20話目(2003年1月24日)

2003年1月24日  悪い夢を見ました。夢の内容もしっかり覚えています。私は大学の心理学科の講習生としてきています。そして教授は何を重要なことを教えているようです。一人の学生が観察しているだけで社会的不適者をより分けることが自慢して私を指さしました。みんながいっせいに見て軽蔑した笑い方をしました。教授は何も言いませんでしたが、教室から出ていくのを望んでいるのがわかりました。表面上教授は社会的不適者と言った学生に謝りなさいと言いました。その学生は謝りましたが、目は少し笑っていました。私はいたたまらなくなり教室から逃げ出しました。でも学生にはそれなりの復讐はしました。その学生が置いていたロッカーを開けて、白い服に真っ赤なマジックで呪いを込めて塗りました。私はもしかしたら普通の人よりも強烈な性格の持ち主なのかもしれません。夢を見たことで分析して少し分かったような気がします。 今、私は「失われた時を求めて」を書いたプルートスのようにコルク張りの部屋に住み、外部からの攻撃に守ろうとしています。文書力は普通の主婦よりは少し上手なだけで自分の限界も知っています。私の書いた稚拙な作品を出版してくれるところもないし自費出版もする気もないです。でも私の精神世界はかなり複雑です。内面はさまざまな宝石に飾られた宮殿だけど、外面は粗末なプレハブ部屋です。才能のある芸術家ならさまざまな宝石を飾られた宮殿を普通の人に披露するのだけど、私はどんなにもがいても死ぬまで宮殿を披露できないのが実に悔しいです。  ああそうだ言い忘れたことがありました。昨夜もやもりがきていました。姪っ子は私の友達のやもりが来たと言って知らせてくれました。やもりは私をどう思っているかわかりませんが、私はやもりを結構気にいっています。

カテゴリー: カクヨム&アニソラ同時進行 | コメントは受け付けていません。

19話目(2003年1月22日)

2003年1月22日  今、姪っ子が私の布団に入り込んで寝ています。私がトイレでも行こうものなら瞬時に反応して起き上がりついてきて片時も離れません。  今日の朝、姪っ子の弁当の残りを妹が食べていて、食いしん坊の私が手を出して少し食べました。妹が文句を言い、切れた私が弁当の中身をすべてゴミ箱にぶち込みました。  その後、姪っ子はいつものように遊び相手になってもらおうと私の部屋までやってきましたが、扉に鍵をかけているので入れません。姪っ子は何度も開けてくれるように戸を叩きましたが無視です。最後は諦めて妹のところに行ったようです。  また姪っ子は私に似て勘のいい子です。私と妹がお互い口を聞かないのを敏感に感じとって、仲良くして欲しいけど、どうしたらいいか方法がわからず悩んでいるようでした。  妹は無視したままで、姪っ子が可哀想になって、少し声をかけると子犬のように喜んで今までなかった機嫌をとり関心を引かそうとします。大人ではないけれど、三歳の幼児なりのいろいろな苦労があるのですね。

カテゴリー: カクヨム&アニソラ同時進行 | コメントは受け付けていません。

18話目(2003年1月21日)

2003年1月21日  私はすべてにおいて矛盾を抱えています。  例えば善悪の問題において、財布に一万円入っていれば交番に届けるし、道に百円落ちていればねこばばします。善悪両方持っていて苦しいです。  どちらか一方だけ、姪っ子が喜んで見ているアンパンマンの完全な善とばいきんまんの完全な悪を持っていたら楽なのにと思います。  完全な善なら一円落ちていても不正を許さず交番に届けて、完全な悪なら世界中の人間をぶち殺しまわってそのお金を奪い全部自分のものにして贅沢三昧します。でもそれじゃ人間社会そのものが麻痺するだろうから、ぼちぼちの善とぼちぼちの悪を持っていてちょうどいいのじゃないかとも思っています。  そんなわけでアンパンマンの中では善悪両方持って孤独に生き苦悩するメロンパンナのお姉さんロールパンナが一番人間らしくて安心できるし、彼女が出てくるエピソードだけを楽しみに見ています。  最初は深刻そうな話だったけど、最後は幼稚なお話の落ちでごめんなさい。もとくんは気がつかなかったかもしれないけどロールパンナが大好きな幼稚な考えばかりの低知能者だったのです。

カテゴリー: カクヨム&アニソラ同時進行 | コメントは受け付けていません。

17話目(2003年1月20日)

2003年1月20日  三歳の姪っ子が初めて図書館に行きました。今まで見たこともない沢山の絵本に圧倒されて驚いたようすでした。そのうち慣れて並べられた絵本を物珍しそうに見ていました。年齢に合わせた絵本を私が選んであげたら、ページュー色のカーペットを敷いた子供用の読み聞かせコーナーでじっと聞いていてその時だけは大人しい良い子でした。  ところが絵本を読み終わると仮面ライダーみたいに元の悪ガキに大変身しました。図書館中を走りまわり、私が追いかけるものだから鬼ごっこと勘違いしたのかきゃっきゃと猿になって喜んで逃げ回ります。長い間鬼ごっこは続いて、最初は黙っていた図書館の人も堪忍袋の緒が切れて静かにしてくださいと怒られてしまいました。  姪っ子は悪ガキだけど物わかりの良い子です。すぐ理解して大人しくなりました。その後、5冊ほど絵本を図書館で借りて自転車に乗って帰りました。次からは図書館にいるときは静かにしないとまた怒られるよと言ったら、後ろでうんとうなずいたみたいです。  風は冷たかったけど、太陽は出ていてわりといい一日でした

カテゴリー: カクヨム&アニソラ同時進行 | コメントは受け付けていません。

16話目(2003年1月19日)

2003年1月19日  昨日パソコン通信時代からから続いている同人誌の各賞の発表がありました。残念ながら私には一部の熱狂的なファンはいるものの賞には入りませんでした。逝くまで無冠の帝王になるような予感がします。  またアニソラの火星ダークバラードのコメントも書きました。ついでにSF的雑文をも書いてしまいました。深夜遅くなっても頭がますます冴えてしまい走り出したら止まらない暴走的思考に入りました。身体は疲れているのに眠れなくなりました。次から次に文章のネタは出てくる。翌日以降に影響するから止めないといけないのは十分わかっています。  反動でこのままではろくな人生おくれない。生きていてもいいのか自殺願望的な鬱になります。これは鬱病の一つの症状ですね。まあ2~3日後には普通の状態に戻りますので、ご安心ください。鬱病と統合失調症両方持っている人でいるのでしょうか。  私はこんな無茶苦茶な考え方をしています。この後も引きずり回すと思います。面白いだろうけどそれを覚悟で付き合ってくれますか。

カテゴリー: カクヨム&アニソラ同時進行 | コメントは受け付けていません。

15話目(2003年1月18日)

2003年1月18日  朝近所のお店で蟹一杯500円だったので二杯買ってきました。通常より安いので家族に再びと行けと命令されたけど面倒くさいので却下しました。隣人が焼き立てのほかほかの食パンを一斤持って来たので全部一人で10分間もかけて完食しました。  妹が以前コンデジを買ったのを覚えていますね。コンデジに使うアルカリ電池だとバッテリーが持たないので充電池のセットを家電量販店に買いに行きました。同じ敷地内に今日だけバーガーを1個買うと同じ物の無料券が一枚貰えるお得なお店があったので、バーガーとコーヒーとポテト2個を昼食にしました。  帰ってきて生の蟹を冷凍庫に入れたら味が落ちるのでどうしようかと家族内会議をしたら、夜食に鍋に入れることに決定しました。  今日もあまり食事をしていないのにそんなにお腹空いていないです。なぜでしょうか。不思議です。もし理由がわかったら私に詳しく聞かせてください。

カテゴリー: カクヨム&アニソラ同時進行 | コメントは受け付けていません。

14話目(2003年1月17日)

2003年1月17日  自転車に乗って怪我をしてしまいました。姪っ子を後部座席に乗せて、今流行りのチョコエッグを持たせて遊ばせていました。ちなみに外側の不味いチョコレートは会計前に姪っ子が食べてしまいました。今後食べないよう奴隷犬みたいに調教してしつけます。途中で姪っ子が愚かにもチョコエッグを落としてしまい、私が乗ったまま手を伸ばして拾いました。落としちゃ駄目でしょと調教していたらそっちに気が回ってしまい、がくんと自転車が少し傾いてしまいました。姪っ子は幸いなことに無事でしたが私は足に無理な力が入ってしまい怪我してしまいました。もう痛くて血圧が上がりめまいが起こり脳の血管が切れて、もう少しで逝くところでした。  もとくんに少し愚痴を言います。どうも私は時間の使い方が下手なようです。BBSを5つ参加していて、日記と懸賞関係で入賞しやすくする嘘文書とか毎日いろいろ書いています。おまけにパチンコとバレーの練習に夢中の妹に代わって、姪っ子の子守りまで増えてもう大変です。私は頑張り過ぎたあげくポキンと突然糸が切れて一泊二日程度のプチ家出をするか発狂するかと少し心配しています。 もとくんは逝く最後まで私を暖かく見守ってくださいね。今後ともよろしくお願いします。

カテゴリー: カクヨム&アニソラ同時進行 | コメントは受け付けていません。

13話目(2003年1月16日)

2003年1月16日  動物園に行く人の目的の一つにパンダやコアラを見ることがあります。そういう人たちは可愛いと言います。だけど天の邪鬼なのか私にはパンダは手足が黒で胴体が白のただの熊で、コアラはじっとして動かない退屈で長時間見ていると精神的苦痛を伴う動物たちです。一方興味のあるものは雄の孔雀の羽根を広げた姿は美しいし、片足で立っているフラミンゴの桃色の配色は色彩的に鮮やかで目の保養になります。また他の雄猿より強い力を持った雄猿がハーレムをつくって複数の雌猿たちに子孫を残す交尾姿も生存本能丸出しで面白いです。  また野生では湖に浮かぶ美しい白鳥の群れに迷い込んだ異質な鴨とかを鋭い嘴で突き回って虐めるのも底意地の悪さがわかって楽しいです。でも私が一番好きなのは郭公です。郭公は托卵という方法で子孫を残します。鶯などの巣に郭公の雌が入りこみ、すばやく一個の卵を産み付け逃げ出します。そして生まれた郭公の雛はよいしょよいしょと鶯の卵や雛を全力で押し出して巣の外に放り殺しまわります。やがて一羽だけとなった郭公の雛は仮親の鶯夫婦よりも大きく成長し、優秀な子孫を残せたと勘違いして喜んだ鶯夫婦の愛情を一心に受けてやがて巣立ち、また郭公の親と同じようなことを繰り返します。そんな非道なことをされて鶯が絶滅しないかと心配していますが、自然の摂理が働いていまだに鶯は絶滅しないでいます。  だけど私は自然界において動植物が絶滅する最大の原因となるのは自然の摂理に背いている人間の愚かな行為かも知れないかもと危惧しています。

カテゴリー: カクヨム&アニソラ同時進行 | コメントは受け付けていません。

12話目(2003年1月15日)

2003年1月15日  向かい風に吹かれながら自転車を必死に走らせて郵便局まで所属同人誌の年間大賞の賞品を持っていきました。貧乏人の私は高級品が買えず、どの品も安物ばかりなので切手代の方が高くつきました。  郵便局を後にしてようやく追い風に吹かれて辺りの風景をのんきに眺める余裕ができました。某一級河川の土手を通っているとどこも悪い様子は見えないのに土木作業員が何人かいて土手工事をしています。政治家が関係業者を儲けさすためにアーケードのタイル1枚はげているだけなのにすべてのタイルをはがして修繕させたり、自動車がほとんど通らない高速道路を造っていたりします。  どの政治家がやっていることは関係業者から黄金色のお菓子をもらい、多かれ少なかれ程度の差はあるけど己の私腹を肥やすことばかりだと思います。  私は追い風に吹かれてのんきに走っていて、土手工事を見ただけなのに国民の汗と涙の結晶の税金を無駄に使っているような気がして実に気分が悪かったです。

カテゴリー: カクヨム&アニソラ同時進行 | コメントは受け付けていません。

11話目(2003年1月14日)

2003年1月14日 半年に一度の血液検査をしてきました。医者の診察の後看護師が採血をするのだけど、もとくんも知っているように私はぶよぶよ太め体格なのでお肉に血管が隠れていて、かなり上手な看護師じゃないと血管が見つからないのです。採血を担当した看護師がぷちりと注射針を差し込んだのはいいのだけどお肉の中で針をぐりぐりしてくれました。他人が拷問を見たり想像するのは大好きS性格の私だけどされるのは大嫌いです。いつまでも針をぐりぐりし続けて、あれ? 血管が見つからない、もうちょっと我慢してねと言葉では優しく語りかけてくれるけど、私に長い間痛めつけて精神的苦痛を与え、他人がもがく姿を見て喜んでいるだけの私同様S性格の看護師じゃないかと疑ってしまいました。 病院から家に無事に帰ってきた後、以前から妹が無料の情報誌を読んで注目していたパン系統が食べ放題のお店に姪っ子を連れて三人行きました。前日の夕食から何も食べていなかった私はお腹がぺこぺこでした。脳に糖分がいかず理性をつかさどる思考能力はほとんどありませんでしたが、生きる本能の部分だけはちゃんと動いていました。野獣のようにとても飢えていて、なんでもいいから喰う!喰う!喰う!だけしか考えていませんでした。お店で注文して、それぞれの食事が順序よく運ばれてきました。喰う本能にしか支配されていないものの、心は野獣でも欧米の魔女狩りの対象にならないように表面だけは人間らしくナイフやフォーク等は使いました。それでもパンをごく普通に15個ぐらい食べました。ねえちゃんよく食べるねお腹壊さない?と妹が心配しました。私が全部食べ終わった後お店のおねえさんがなんだこいつおお食いすぎる二度と来るなといったような奇妙な目で眺めていたのは少し気になりました。 その後胃腸薬や便秘薬関係はほとんど飲んだことのない私は特に胃袋は丈夫なのでゲロも吐かずまったく平気でしたのでご安心ください。

カテゴリー: カクヨム&アニソラ同時進行 | コメントは受け付けていません。