ダイエット>*3.2kg それからの高本淳

ダイエットは、月の物の前だからやや太り気味、月の物になったら*2.0kgぐらいまで下がると思う。

SFが好きだったら高本淳さんが読んでいるかわかんないけど新☆ハヤカワ・SF・シリーズに入っている「紙の動物園」が面白い。生きていて読んでいなければこんなSF本もあるよと紹介したい。表題作の「紙の動物園」は、中国人の女の人が人身売買の末、アメリカ人の男の人に買われ、子どもを産んで、子どもに紙で作った動物が動く話。まわりに中国人がいない中、自分とよく似た男の子を産んで心を癒す母親と、子どもの反発と自立を描いたもの。最後の手紙が泣ける。日本人の作家も、欧米の作家もこういう話は思いつけないし書けないと思う。

私は他に気にいったのは「もののあわれ」かな主人公は日本人。地球に天変地異がきて、一部の地球人が太陽光の帆を受けてはるかかなたの星まで旅をするのだけど、その途中で帆が損傷を受けて、主人公の日本人が自己犠牲のもと帆を修理する話。
こういう話高本淳さん好きだと思った。もっと長く生きていればいづれは書いたのじゃないかと思った。

カテゴリー: ダイエット   パーマリンク

コメントは受け付けていません。