絵本>ちびフクロウのぼうけん

絵本>ちびフクロウのぼうけん
文 ノーラ・スロイェギン
絵 ピルッコ・リーサ・スロイェギン
訳 みむら みちこ
株式会社 福音館書店
美しい文章とちびフクロウをはじめいろいろな絵が美しく描かれた絵本です。
普通フクロウは夜起きて、朝寝るものですが、このちびフクロウは朝になっても目をぱっちりあけて、うさぎやくまやりすと遊ぼうとします。でもそれぞれ種が違うのでちびフクロウはうまく遊べません。私はくまと一緒になったところでちびフクロウはくまに食われるかとときどきしたけど、くまは相手にせずに行ってくれたのでほっとしました。
そして家に帰れなくなりちびフクロウは心細くなったところでおかあさんフクロウがやってきて無事家に帰れます。
ちびフクロウは幼い子ども自身でうさぎやくまやりすは年上のおにいさんやおねえさん、そして大人にあてはめることができます。子どもは家から遠いところに行って心細くなったことおかあさんに出会えることで、子ども自身はほっと安心するのでしょうね。こうして子どもはちびフクロウに感情移入するのでしょうね。

カテゴリー: 04_絵本   パーマリンク

コメントは受け付けていません。