絵本>おふとんのくにの こびとたち

絵本>おふとんのくにの こびとたち
さく おち のりこ
え でくね いく
偕成社
解説する言葉はごく少量。風邪をひいたひきこちゃんは布団の中で退屈していました。そんなとき布団の上にぞろぞろと小人たちが集まって、布団に村をつくり、いろいろな物を見せて楽しませてくれます。でも熱はさがらないので、頭に雪を乗せて、冷やして風邪をなおしてくれます。
小人たちは風邪をひいたひきこちゃんの幻覚ともとれますが、そんな野暮なことはいいっこなし。漫画のように小人たちの動きを見て楽しむことのできる絵本です。

カテゴリー: 04_絵本   パーマリンク

コメントは受け付けていません。