うさぎのくれたバレエシュ-ズ

うさぎのくれたバレエシュ-ズ

作: 安房 直子
絵: 南塚 直子
出版社: 小峰書店
税込価格: ¥1,365
(本体価格:¥1,300)
発行日: 1989年
ISBN: 9784338069113

ちょっと賢治のセロ弾きのゴーシュに似ている感じがしました。ゴーシュも動物たちの力を借りて、セロがうまくなる話でした。
この主人公の女の子は5年もバレエがうまくならない。たんじょうびにもたなばたさまにも祈ってもうまくならない。でも本当は何か心の中で屈折があって、バレエも少し嫌いになって上手になる=ジャンプする自信がなかっただけじゃないかな。そんなおり小包でぴんく色のバレエシューズが届きます。ここから少しづつファンタジー領域に近づいていきます。うさぎの靴屋さんでシューズをつくって、うさぎたちと踊る。ファンタジー最高潮!! でもそれは心の中で生まれたファンタジーだと思います。一種の夢のようなファンタジーで通過儀礼をとおして主人公が成長したのだと思います。

カテゴリー: 04_絵本   パーマリンク

コメントは受け付けていません。