「神隠し三人娘」>未練橋のたもとで

「神隠し三人娘」怪異名所巡り
赤川次郎著
未練橋のたもとで
昔々橋のたもとでずっと待っているという娘と必ず帰ってくるという男が別れました。その後はどうなるでしょうか。というところで映画は終わります。町田藍は退屈だった映画と思いますが、「すずめ」バスの一添乗員が、映画会社の試写に来るのは異例のこと。この映画には実話であって、男の方は大金持ちの娘と結婚して、橋のたもとで待っているといった娘は小さな茶屋をつくり長年男を待っていた老婆になっても待っていたということです。
幽霊物としてはいまいちですが、町田藍をリストラした「ハト」バスが心霊ツアーを企画してそれなりの業績をあげている「すずめ」バスでの活躍を後悔するころだと思ったら、「ハト」バスの上司が「ハト」バスのころの2倍の給料をあげる(「すずめ」バスではそれが3倍もの給料アップ)「ハト」バスの上司はついでに藍に一晩寝ないかと頼みますが、それは物語の流れ上悪いでしょうってことで、そでにします。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。