絵本>からすのおかしやさん

からすのおかしやさん
著者 かこさとし
「からすのパンやさん」の息子、娘たちがその後どうなったか、気になる人も多いはず。続編に「からすのおかしやさん」、「からすのやおやさん」、「からすのてんぷらやさん」、「からすのそばやさん」とあります。
てんぷらやさんは紹介済みで、今回はおかしやさんを紹介します。
おとうさんからすとおかあさんからすは、やまがた(なぜやまがたなのかは不明)のおじさんが病気だからお見舞いに行くと言って、4羽のからすに留守番をお願いしました。その間、からすのちょこくんは、小麦粉をこねて、カリケットとかビスケットをつくりました。そのときお菓子作りの得意なミミちゃんがやってきて、ミミちゃんが師匠になっていろいろお菓子作りを手伝います。簡単なクッキーにはじまって、ケーキ、そして和菓子にと移動します。ここらへんの絵はからすのパンやさんのパンがいろいろ描かれている場面によく似ています。絵本を読む子どももパンやさんのときと同様自分の好きなクッキー、ケーキ、そして和菓子を食べる真似して楽しむでしょう。それといい匂いに釣られて、いろいろなからすが行列をつくってやってくるのもパンやさんの行列を想像させられます。
最後にちょこくんが師匠のミミちゃんに結婚を申し込んでめでたしめでたしとなります。次はやおやさんを紹介します。

カテゴリー: 04_絵本   パーマリンク

コメントは受け付けていません。