絵本>ぼくのふとん

絵本>ぼくのふとん
作・絵 鈴木のりたけ
株式会社PHP研究所
ここ一カ月ふとんに関係する絵本を読んでレビュー書いてきたけれど、この絵本が一番好きかもしれないな。男の子が布団に眠る前布団の中でこれぐらいの子供が空想する布団の遊び方がいろいろ描かれています。教訓的でもためになる話でもない。ただただ布団をいろいろ考えて遊ぶといった「いすふとん」(おえかきしようとおもってもいつのまにかねちゃうかも)「ちゅうずりふとん」(ねがえりうっておっこちてもふとんがあるからだいじょうぶ)「ドーナツふとん」(ドーナツふとんをかさねたらたったままでもねられそう)「ふとんのタイヤ」(タイヤがやわらかいからでこぼこみちもなんのその)この後はからすのパン屋さんみたいにいろいろなふとんが紹介されています。
このふとんの話。最後も「おねしょで きょうも ごめんなさい!!」で締めくくっているのがくすりと笑えます。

カテゴリー: 04_絵本   パーマリンク

コメントは受け付けていません。