絵本>さくら

絵本>さくら
文 長谷川摂子
絵・構成 矢間芳子
株式会社 福音館書店
絵本には子供を感情移入させるためによく入れますが、この絵本はそういうことがまったくなく、直球でさくらそのものです。
最初のページは満開の桜、その後桜の花が散って、次に葉っぱがでて、いろいろな虫に食われたそのまんなの桜、そして葉も落ち、冬をすぎて、翌年の春桜の樹から小さなピンク色の桜のつぼみが描かれているところで終わります。
たんたんと読むことはできます。子供にもわかる絵本だし、大人にはお洒落なさくらの本かもしれませんね。

カテゴリー: 04_絵本   パーマリンク

コメントは受け付けていません。